毒を持つアゲハに似せる無毒なアゲハ  in 宮古島

ちょっと強烈なタイトル?

でも わかりやすいかな〜 と思って・・・


冬の間 ジャコウアゲハを調べていくうちに
シロオビアゲハ にも興味を持ち始め
シロオビアゲハの♀にシロオビ型とベニモン型があるので
擬態についても調べてみたくなりました。

いろんな本を読みましたし色々調べました。
「だましのテクニックの進化」  昆虫の擬態の不思議
という本はとても面白かった💕
難しくわからないところもあったけど^^;





さて 本題に戻します。

普通 
毒を持つアゲハはウマノスズクサを食する「ベニモンアゲハ 」
そして
似せる無毒なアゲハはミカン科を食する「シロオビアゲハ ♀」



♂より♀の方が栄養価が高いので(卵を持っているから)鳥に狙われやすいので
身を守るために擬態するという説が一般的なようです。
d0285540_20280793.jpg
主人撮影
ベニモンアゲハ に擬態するシロオビアゲハ♀
(シロオビアゲハ ベニモン型)

d0285540_21103094.jpg
裏翅




でも今回は毒を持つアゲハはウマノスズクサを食する
ジャコウアゲハ♪



え?ジャコウアゲハに似せた擬態型がいるの?
どんな感じなのかな?
好奇心旺盛な私は興味が湧きました。


シロオビアゲハ が擬態するベニモンアゲハ は1968年に八重山諸島に
その後宮古島・沖縄島・奄美群島まで分布が広がっているようです。



しかし元々モデルがいないはずの宮古島や沖縄本島では
すでに擬態型の♀がいたそうです。

そんな説からシロオビアゲハ ♀の擬態が
ジャコウアゲハと推測されているという説もあるようです。



そんなことを念頭に入れシロオビアゲハ ♀を撮影してみました。

通常シロオビ型♀の裏翅は♂とほぼ同様とされています
d0285540_22154320.jpg
2013.9.22 宮古島で撮影したときの裏翅


今回気に留めて撮影した個体
d0285540_13012893.jpg


後翅亜外縁の赤橙色がかなりはっきりしていますよね
綺麗だわぁ〜

ベニモン型とも異なりますね〜

実は この後翅亜外縁の赤橙色がかなりはっきりしているのも
低温期の季節変異のようです。

これがジャコウアゲハに擬態というのかな?
蝶って奥が深くて難しい💦


表翅が気になった方もいらっしゃると思うので載せますね
d0285540_13163987.jpg
シロオビ型ですね^^






よく見ると
ジャコウアゲハに擬態したシロオビアゲハ ♀と
ベニモンアゲハ に擬態したシロオビアゲハ ♀がいるという
一つの説でした^^;


好奇心旺盛な私は
なぜ擬態する♀と擬態しない♀がいるんだろう?と・・・

いろんな本を読んで面白い話が書いてある本もありました。
冬は勉強の時間にはもってこいの季節ですね



以上 
今まで気に留めていなかったシロオビアゲハ の一面を知ることができ
今年の国内遠征の始まりです。












# by h13_540 | 2018-02-15 07:06 | 沖縄 | Comments(0)

シロオビアゲハ 季節変異   in 宮古島

シロオビアゲハ 季節変異? 
そう思った方・・・ 嬉しい反応です^^♪


撮影していると・・・


あれ?



肉眼では はっきり分かるのですが この写真で伝わるでしょうか?

d0285540_12421545.jpg


そう  白斑が桃色なんです。

d0285540_12440560.jpg
低温期では 桃色に変わる季節変異があるようです。


d0285540_12451886.jpg


こちらの個体は 白帯の中央も色が変わっています。



わかりやすい写真を撮るには飛翔しか手段がありませんでした💦



d0285540_20310381.jpg
主人撮影


この時期でないと見ることができないシロオビアゲハ でした♪















# by h13_540 | 2018-02-14 07:40 | 沖縄 | Comments(4)

シロオビアゲハ個体変異  in 宮古島

2月10日〜12日まで5年ぶりに宮古島に飛んでみました。
10日と11日は雨天 焦りました💦

残された12日のお昼までの天気がどうなるのかヒヤヒヤしました。
なんとか晴れてくれましたが
気温は低く最高気温が15度という厳しい状況でした。


今回の1番の目的は
鉛丹色のジャコウアゲハ でしたが残念ながら出会えませんでした💦

最近 7〜8人の集団ネットマンが2組
個人でも数人がネットを持ってきていたそうです。

そのことと関係があるかはわかりませんが
せっかく行ったのに出会えないとはとても残念でした。





ジャコウアゲハのことを調べていたら
シロオビアゲハ に離島タイプというのがあるという
1行が目に飛び込んできました。

離島タイプとは裏翅のシロオビのところに青斑があるという。

離島タイプということはどこまでが離島?
本島はノーマルなのか?


しかし その1行だけで色々な角度から調べてもそれしか出てこない
果たして この情報は本当なのか?




そして色々調べていくと
変異個体も色々あるようで・・・



今までシロオビアゲハ にはあまり興味が湧かず
数枚撮って満足していました。

強いていうならばベニモン型に目を向けていました。

しかし 今回はシロオビアゲハ シロオビ型が面白そう・・・


そんな思いを大切に撮影したい
2番目の目的はシロオビアゲハ でした。

まずは この1枚
d0285540_07150500.jpg
白斑の大きさ(長さ)が違うのが伝わりますか?



3回に分けてシロオビアゲハ を載せてみます。

シロオビアゲハ で3回? そう感じた方 嬉しい反応です^^







おまけ
d0285540_07183221.jpg
鈴鹿バルーンフォトコンテストに入賞しました♪


これからの励みになります^^

今年は11月23日〜25日開催予定だそうです。



追記

18日(日)入選作品展示会場に見に行ったら
別の作品が飾られていた。

どういうこと?

問い合わせて見ると
ホームページの記載が間違っていたようで
入選作品はこちらだそうです。

d0285540_13314948.jpg
こんなミス あり?💦
















# by h13_540 | 2018-02-13 20:32 | 沖縄 | Comments(0)