カテゴリ:海外の蝶( 92 )

地域差における シロオビアゲハ ♀ ベニモン型の違い

ナガサキアゲハ♀の白斑の大きさの次は
シロオビアゲハ♀ベニモン型に視点をおきました。


まずは
地域差における シロオビアゲハ ♀ ベニモン型の違い_d0285540_14211898.jpg

2018.2宮古島で撮影したシロオビアゲハ♀ シロオビ型です。


シロオビアゲハってこんなに綺麗だったんだ〜と感じた瞬間でした^^








ベニモン型のモデルになったベニモンアゲハ は↓

地域差における シロオビアゲハ ♀ ベニモン型の違い_d0285540_20212075.jpg

2018.6.24  奄美大島で撮影したベニモンアゲハ  


地域差における シロオビアゲハ ♀ ベニモン型の違い_d0285540_20314139.jpg
2018.2宮古島で撮影したシロオビアゲハ♀ ベニモン型 



ベニモンアゲハに  似てる^^  似てる^^







なぜ シロオビアゲハ♀が ベニモンアゲハ に擬態するのか?


Wikipediaではこのように書いてありました。

シロオビアゲハ[編集]

シロオビアゲハ・ベニモン型のメス
Atrophaneura aristolochiae goniopeltis MHNT.jpg

ベニモンアゲハは幼虫時の食草であるウマノスズクサ類からアルカロイドを取りこんで化し、敵から身を守る。ベニモンアゲハの鮮やかな体色は毒を持つことを周囲に示す警戒色である。

シロオビアゲハ Papilio polytes は、ミカン類を食草にする無毒種だが、この種の雌は遺伝的に多型で、地域によって様々な模様を持つ。それらの中には「ベニモン型」と呼ばれる体色のタイプが存在し、自らの体色を有毒種のベニモンアゲハに似せて敵から身を守っている。この例をベイツ型擬態と呼ぶ。雌の中におけるベニモン型の割合はベニモンアゲハの生息数が多い地域ほど高くなる傾向にある。またベニモン型の雌には変異があり、後翅の白斑がまったくない個体もいる。

ベニモンアゲハとシロオビアゲハはどちらも分布が広く、地域による個体差も激しい。






♂より♀の方が栄養価が高いので(卵を持っているから)鳥に狙われやすいので
身を守るために擬態するというお話もお伺いしたことがあります。







では 日本を離れて海外ではどうかな?


地域差における シロオビアゲハ ♀ ベニモン型の違い_d0285540_21564984.jpg


どこでもドアー(笑)




いました♪ いました♪

地域差における シロオビアゲハ ♀ ベニモン型の違い_d0285540_20360053.jpg


2018.12  マレーシア ランカウイ島にて撮影





*     *     *     *     *


古本屋さんのHPでポチし
本日 蝶のいる風景さんが愛読されている本が届きました。

地域差における シロオビアゲハ ♀ ベニモン型の違い_d0285540_14205753.jpg


その中にシロオビアゲハ♀ベニモン型のことも記載されており

八重山と沖縄本島ではベニモン型が違うと言う内容もあり えっ!
写真を探してみました^^;

地域差における シロオビアゲハ ♀ ベニモン型の違い_d0285540_14360936.jpg
2014.2.23  沖縄本島で撮影 シロオビアゲハ♀ ベニモン型


地域差における シロオビアゲハ ♀ ベニモン型の違い_d0285540_19334910.jpg

2013.5 石垣島で撮影したシロオビアゲハ♀ ベニモン型

地域差における シロオビアゲハ ♀ ベニモン型の違い_d0285540_19382347.jpg
L)石垣島   R) 沖縄本島

比較してみたら赤斑の占める場所が違う💦



シロオビアゲハ♀ ベニモン型を1枚の写真にまとめてみました。
地域差における シロオビアゲハ ♀ ベニモン型の違い_d0285540_20405477.jpg
沖縄本島・宮古島・石垣島・ランカウイ島


この本には ボルネオのシロオビアゲハやベニモンアゲハ は著しく黒化していて
白紋が消失という内容も記載されていた。

えっ!?💦 写真を見直してみると・・・
地域差における シロオビアゲハ ♀ ベニモン型の違い_d0285540_21104909.jpg
2017.8ボルネオ島にて撮影



ふぅ  疲れたぁ〜💦

もうギブアップ〜〜〜
過去の写真を集めるだけで精一杯の私でした。


蝶って ほんと奥が深い💦


しかし
奄美諸島のシロオビアゲハ ベニモン型は
極めて斑紋変異が大きいということも記載されていました。
実に興味深い^^♪

そして
久しぶりにガリ版(謄写版)印刷の本を読みました^^








そろそろ緊急事態宣言が解除されるかな・・・



by h13_540 | 2020-05-13 21:36 | 海外の蝶 | Comments(4)

地域差におけるナガサキアゲハ♀の白斑の大きさの違い



外出自粛の中 ナガサキアゲハ♀の白斑の大きさの違いも調べてみました。




ナガサキアゲハの♀は南方ほど白斑が大きくなるということは知られていますが

どのくらい大きくなるんだろう?

比較するために過去の写真を振り返ってみました♪


もちろん撮影した時はブログに載せてはいたものの
比較して載せてはいなかったので改めて^^;


地域差におけるナガサキアゲハ♀の白斑の大きさの違い_d0285540_07320158.jpg
2018,10 我が街の隣  西尾市で撮影

白斑は少しだけ・・・


地域差におけるナガサキアゲハ♀の白斑の大きさの違い_d0285540_07320382.jpg

2013.9  沖縄にて撮影

前翅も白い個体でした。


後翅の白斑 西尾市に比べると随分大きいですね




もっと南方に行ってみましょう♪
日本を脱出して南国へ

地域差におけるナガサキアゲハ♀の白斑の大きさの違い_d0285540_21564984.jpg

どこでもドアー  (笑)





地域差におけるナガサキアゲハ♀の白斑の大きさの違い_d0285540_20234530.jpg

2019.8台湾にて撮影
追記  有尾型でした。 台湾は台湾亜種



個体により異なることも忘れてはいけないですね




もう少し南方へ


地域差におけるナガサキアゲハ♀の白斑の大きさの違い_d0285540_20254443.jpg

2015.5シンガポールにて撮影

ん〜〜〜 白斑は大きくなってきたぞォ〜




もう少し南方へ


どこまで行くの?って感じですけど(笑)

地域差におけるナガサキアゲハ♀の白斑の大きさの違い_d0285540_07320684.jpg

2015.3 バリ島にて撮影


確かに 沖縄より白斑が大きい💦



3カ所のナガサキアゲハ ♀を1枚の写真に
地域差におけるナガサキアゲハ♀の白斑の大きさの違い_d0285540_07321845.jpg

ほんとだ ぁ〜  後翅の白斑の大きさが全然違う!


地域差におけるナガサキアゲハ♀の白斑の大きさの違い_d0285540_07320903.jpg
バリ島のナガサキアゲハ ♀は
裏翅もほとんどが白い




おまけ
地域差におけるナガサキアゲハ♀の白斑の大きさの違い_d0285540_07322212.jpg
バリ島では
ナガサキアゲハ尾状突起があるバージョンもいました^^♪
有尾型ともいうのでしょうか・・・



どのくらい南下したのか地図も載せてみました。
地域差におけるナガサキアゲハ♀の白斑の大きさの違い_d0285540_20430201.jpg

結論

確かに南方に行くほど 白斑が大きいです!^^/

勿論 個体差もあるようです♪






追記
地域差におけるナガサキアゲハ♀の白斑の大きさの違い_d0285540_07334706.jpg
2017.8.13 ボルネオ島のナガサキアゲハ♂

あれ?後翅の斑紋 初めてみる! と思い撮影しておりましたが
ナガサキアゲハを軽視していたため♀は撮影していませんでした💦











by h13_540 | 2020-05-08 04:15 | 海外の蝶 | Comments(10)

台湾の蝶たち

お盆休みの中盤は家族旅行


目的は孫の海外デビュー
台湾の新幹線に乗りたいようで 
じぃじとばぁばは孫との約束を果たす旅^^;



台湾の新幹線やMRTにも乗り
鉄道が好きな孫は大喜び
息子の奥さんはスイーツに興味があるようで
食べてばかりの旅でした。

私がスイーツを食べたいと言っても面倒そうな顔をする主人
息子の奥さんが言うと笑顔で一つ返事(笑)

おかげで私も楽しめました♪



1時間半 動物園の中では自由行動にしました。
その時に見ることができた蝶たちを載せます。


台湾の蝶たち_d0285540_06163502.jpg
ナガサキアゲハ

台湾の蝶たち_d0285540_06163712.jpg

オナシアゲハ

台湾の蝶たち_d0285540_06164035.jpg

カバマダラ・スジグロカバマダラ
ツマベニチョウ・クロアゲハ・コノハチョウ
訂正 カラスアゲハ

台湾の蝶たち_d0285540_06164289.jpg

ヒョウマダラ

台湾の蝶たち_d0285540_06164549.jpg

オオルリモンアゲハ

台湾の蝶たち_d0285540_06164861.jpg

ダイミョウセセリ 訂正 オオクロボシセセリ・クロテンシロチョウ
リュウキュウミスジ 訂正 タイワンミスジ・シロウラナミシジミ


台湾の蝶たち_d0285540_06165052.jpg

マルバネルリマダラ 訂正 マサキルリマダラ・ルリマダラ 訂正 ツマムラサキマダラ

台湾の蝶たち_d0285540_06165376.jpg

オオゴマダラ・ミカドアゲハ
ナガサキアゲハ交尾・クロタテハモドキ

台湾の蝶たち_d0285540_06522029.jpg

ウスコモンマダラ

台湾の蝶たち_d0285540_06522713.jpg
リュウキュウムラサキ

台湾の蝶たち_d0285540_06523321.jpg

ヒメアサギマダラ


台湾の蝶たち_d0285540_06523986.jpg
ウスキシロチョウ

台湾の蝶たち_d0285540_06524546.jpg

キミスジ

台湾の蝶たち_d0285540_06525040.jpg

タイワンキマダラ

台湾の蝶たち_d0285540_06525609.jpg
前翅が切れちゃっているけどタイワンシロチョウ♂

台湾の蝶たち_d0285540_06530291.jpg

台湾の蝶たち_d0285540_06530902.jpg
ウラキマダラヒカゲ

台湾の蝶たち_d0285540_06531523.jpg
ウスキシロチョウ♀






最終日は蝶撮影の日を設けたていたのですが
台風10号のためセントレア便が欠航
撮影を取りやめ早く空港に行き帰国手続きをすることにしました。

学生時代 英国に留学経験がある長男が語学力を発揮してくれて
とても心強かったです。

留学=遊学と思っていましたが(笑)



成田空港着でしたが無事帰国できました。


帰国後 孫は台湾と日本の違いを肌で感じたようで
海外デビュー 大成功♪

楽しい思い出深い家族旅行になりました。





追記 杉坂先生からご教示いただき蝶の名前を訂正しました。
ありがとうございました。

台湾の蝶 奥が深〜い💦
これじゃぁ〜 赤点だわぁ〜 笑



by h13_540 | 2019-08-26 05:05 | 海外の蝶 | Comments(8)

LOPUD島②


滞在2日目は現地で1日クルーズに申し込みました。


LOPUD島②_d0285540_07520698.jpg

3島行くようです。


LOPUD島②_d0285540_07522299.jpg


最初の島がLOPUD島


LOPUD島②_d0285540_07525493.jpg


①の港が到着場所

この港から歩いて20分(ゴルフカートだと5分)先が砂浜の海辺



LOPUD島②_d0285540_07530328.jpg


ドゥボルニク 自慢の海水浴場のようです。


LOPUD島②_d0285540_07540880.jpg

確かに綺麗でした^^♪



①の到着場所から砂浜まで一般的にはゴルフカートを選択するようですが
私たちは もしかすると蝶がいるかもしれないと思い
行きは歩くことにしました。


しかし・・・

かなり坂道💦

まぁ〜 頑張って歩いたおかげで蝶の撮影は出来ました♪




 LOPOUD島で撮影した蝶たちです。
LOPUD島②_d0285540_19534122.jpg

キマダラジャノメ

LOPUD島②_d0285540_19534884.jpg

キアゲハ


LOPUD島②_d0285540_19535593.jpg
裏翅も・・・

LOPUD島②_d0285540_19540387.jpg


ベニシジミ

後翅に違和感を覚えました。

LOPUD島②_d0285540_21032420.jpg

主人撮影


後翅の裏翅には斑紋がとても薄いです。


べニシジミ別亜種とのことでした。

LOPUD島②_d0285540_19541074.jpg

アオイチモンジ



LOPUD島②_d0285540_12494841.jpg

求愛行動



LOPUD島②_d0285540_12530600.jpg

エルガネモンシロシロチョウ


LOPUD島②_d0285540_12530814.jpg

求愛行動

思いっきり拒否されていました^^;


LOPUD島②_d0285540_12531124.jpg

LOPUD島②_d0285540_12531305.jpg





出発時間が近づいてきました。
諦めて帰ろうとした時頭上に現れた蝶がヨーロッパタイマイでした。

LOPUD島②_d0285540_16272567.jpg

LOPUD島②_d0285540_16273147.jpg

以上でクロアチアで出会った蝶たちは終了です。





杉坂先生に蝶の名前を教えていただきました。
ありがとうございました。









by h13_540 | 2019-07-24 05:00 | 海外の蝶 | Comments(0)

クレオパトラヤマキチョウ  in LOPUD島①


LOPUD島で最初に見た蝶です^^♪



クレオパトラヤマキチョウ  in  LOPUD島①_d0285540_20581228.jpg

主人撮影


あちこちにいたので撮影は楽しめました。


クレオパトラヤマキチョウ  in  LOPUD島①_d0285540_20571413.jpg
主人撮影



あれ?
透けて見える黄色がとっても濃く鮮やかな印象を持ちました。

日本の蝶とは違う!


クレオパトラヤマキチョウ  in  LOPUD島①_d0285540_21040799.jpg

透けた色が気になって飛ぶ姿を撮影したくなりました。



クレオパトラヤマキチョウ  in  LOPUD島①_d0285540_21044192.jpg

お〜〜〜やっぱり色が素晴らしく綺麗


クレオパトラヤマキチョウ  in  LOPUD島①_d0285540_21045436.jpg
調べてみたらクレオパトラヤマキチョウ 

名前も凄い^^; 












by h13_540 | 2019-07-22 05:42 | 海外の蝶 | Comments(2)

ヨーロッパシロチョウ  in ドゥブロブニク

今回は静かなラパット地区に泊まりました。

ヨーロッパシロチョウ  in  ドゥブロブニク_d0285540_12283697.jpg

日本人の姿は全くなく主人は嬉しそう♪


ヨーロッパシロチョウ  in  ドゥブロブニク_d0285540_12331167.jpg
目の前は港








ホテルから徒歩10分ほどの交差点にラベンダーが咲いていました。
白い蝶発見。

モンシロチョウかぁ〜と思いながらよく見ると・・・
模様がありました^^/

ワクワク感UP ⤴️
しかし持っているのはTG3

うまく写るか不安もありましたが取り急ぎ証拠写真を

ヨーロッパシロチョウ  in  ドゥブロブニク_d0285540_12491686.jpg

ヨーロッパシロチョウのようです。
チョウセンシロチョウ

ヨーロッパシロチョウ  in  ドゥブロブニク_d0285540_12491911.jpg

急いでホテルに戻り一眼レフを持って走り向かいましたが
たどり着いた時にはもう姿がなく
残念💦

















by h13_540 | 2019-07-21 05:41 | 海外の蝶 | Comments(0)

メゲラツマジロウラジャノメ  in スルジ山

ドゥブロブニクの旧市街が一番見たかった場所


まずは全景を見るためにスルジ山に登ることにしました。


メゲラツマジロウラジャノメ  in  スルジ山_d0285540_21202978.jpg

城壁に囲まれた旧市街が一望できます。


メゲラツマジロウラジャノメ  in  スルジ山_d0285540_21231661.jpg

ロープウェイで3分


メゲラツマジロウラジャノメ  in  スルジ山_d0285540_21232568.jpg

アドリア海も綺麗です。




ここではヨーロッパタイマイを見ることができると思ったのですが
出会えず・・・💦

メゲラツマジロウラジャノメ  in  スルジ山_d0285540_21233429.jpg
Wall Brown (Lasiommata megera)

和名 チャイロウラジャノメは多かったです。
メゲラツマジロウラジャノメ

今回の旅行中 あちこちで見ることが出来ました。

名前を調べるのにちょっと時間がかかってしまいました💦


メゲラツマジロウラジャノメ  in  スルジ山_d0285540_21233618.jpg

飛翔①


メゲラツマジロウラジャノメ  in  スルジ山_d0285540_22200784.jpg

飛翔②



メゲラツマジロウラジャノメ  in  スルジ山_d0285540_21233866.jpg

裏翅はなかなか渋い

メゲラツマジロウラジャノメ  in  スルジ山_d0285540_21234104.jpg

ヒメアカタテハ


山頂のラベンダーには蝶が少なく肩透かしでした💦




この後 下山し 城壁や旧市街を歩き1日目終了






by h13_540 | 2019-07-19 06:40 | 海外の蝶 | Comments(2)

ヨーロッパタイマイ in クロアチア


親族の間では主人が
ジブリ「紅の豚」の主人公 ポルコが好きということは周知の事実♪

ヨーロッパタイマイ       in    クロアチア_d0285540_07024305.jpg


プレゼントされたクッションやカップ


ヨーロッパタイマイ       in    クロアチア_d0285540_07030670.jpg



お祝いのケーキにも^^



ヨーロッパタイマイ       in    クロアチア_d0285540_06470637.jpg
ポルコの置物もあります。


前置きはこのくらい(笑)





以前から主人は
アドリア海に面したクロアチア・ドゥブロヴニク に行きたいと言っていましたが
(紅の豚や魔女の宅急便の舞台と言われている)
現役中はなかなか休みが取れず今年のGWは10日もあったのですが
キャンセル待ち状態で行けず
今回3連休の前後にお休みをいただき旧婚旅行にやっと行くことができました。


今回は主人希望の旅行です。

私も「2回目の新婚旅行」と惚気ながらお休みをいただきました。



主人にとったら悲願のドゥブロヴニク



ヨーロッパタイマイ       in    クロアチア_d0285540_16272567.jpg
私にとっても行くなら是非見てみたい蝶は ヨーロッパタイマイ💕




ヨーロッパタイマイ       in    クロアチア_d0285540_16272985.jpg

撮影できず諦めて帰る直前に出会えました。


望みは最後まで持つべきだと・・・^^;

ヨーロッパタイマイ       in    クロアチア_d0285540_16273147.jpg
iPhoneにて撮影



他の蝶は名前がわからないのでまず名前がわかる蝶から載せました♪


無事 帰国しました^^/









by h13_540 | 2019-07-16 16:37 | 海外の蝶 | Comments(4)

元旦 PM ホテルの周りの蝶たち

今回の遠征最後のブログです。

夕方16:30 ホテルの周りを探索しました。

午前とは違う顔を見せてくれるでしょうか?

元旦 PM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_15350638.jpg

ハイイロタテハモドキ

元旦 PM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_15352863.jpg

また居た!!! ナツメシジミ💕

幼虫の食草がナツメだからこの和名がついたようです。


元旦 PM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_15361475.jpg

Spindasis lonita (Black Banded Silverline) LYCAENIDAE

和名 ロヒタキマダラルリツバメ
タイワンフタオツバメ



夕方に顔を見せるとはキマダラルリツバメに似た習性があるのかな・・・

夕方に探索して良かったと思った瞬間♪


こんなに身近にいたなんて・・・^^/

国内での苦手意識は継続中ですがここでは相性が良くってハッピー💕

元旦 PM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_15361234.jpg
ホシボシシジミタテハ




暖かいところでのんびり蝶に囲まれて過ごせた年末年始
また 行ってみたいランカウイ島でした。


おしまい
追記

ホテルでの朝食です
元旦 PM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_06260685.jpg
元旦 PM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_06261786.jpg
元旦 PM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_06262233.jpg










by h13_540 | 2019-01-21 06:07 | 海外の蝶 | Comments(4)

元旦 AM ホテルの周りの蝶たち

1月1日  帰りのフライトは夜中です。

楽しかったランカウイ島の撮影旅も最終日
ホテルの周りでのんびり過ごすことにしました。

っというのも到着した翌日
午前にホテルの周りでいろんな蝶との出会いがあったので
もっとじっくり向き合うともっといろんな蝶に出会えるかも・・・
と思ったからです^^;


8時半過ぎ蝶撮影開始

元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_19514712.jpg
Rapala pheretima petosiris

フェレティマトラフシジミ
 和名 メスアオトラフシジミ

綺麗な個体でした。

後翅の青に惹きつけられます💕


出会ったことがない蝶との出会いに
勘が当たった^^/ とワクワクしました。


あれ?見覚えのある蝶たちの姿もありました♪


元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_21520209.jpg
スジグロカバマダラ

元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_08363483.jpg
台湾でも見たヤエヤマシロチョウ

元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_21521971.jpg

オジロシロチョウ

最初タイワンツバメシジミかと思ってドキッとしちゃった💦

元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_21522677.jpg
2頭が同じ花に吸蜜していました。

元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_21523357.jpg

リュウキュウムラサキ


元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_21524147.jpg
クロテンシロチョウ

元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_21524829.jpg
シロオビアゲハ ベニモン型♀


ちょっと白斑が異なります。

元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_21533346.jpg

アオタテハモドキ

同じ個体なのに光の具合でこんなに雰囲気が変わるんですね💦

元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_19322134.jpg
求愛行動が始まりました。


交尾にはいたらず・・・

元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_19452711.jpg

撮影をしていると猿の集団が現れました。


そういえば
到着した翌日の午前 地元の人に何をしているの?と声をかけられ
蝶の撮影と答えると
ここには猿がいるから猿の撮影もしていいよ
と言われましたがその時は猿の姿は見えませんでした。

元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_14552918.jpg
主人撮影



赤ちゃんも一緒なので警戒心がとても強く 
私たちも怖くなってきました💦

しかし

見慣れない蝶たちも飛び交っているので
刺激しないように撮影を続けました。



元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_19473530.jpg
Catopsilia scylla(Yellow Emigrant)PIERIDAE

和名 スキラウスキシロチョウ

飛翔姿は 後翅の黄色がとても目立ちました。
とても活発に飛びます。

元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_20045423.jpg

オナガアカシジミ

元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_20042857.jpg
主人撮影



帰国してから調べてみると
メスはアリが群がっている植物を探してその近くに卵を産む蝶のようです。

元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_20063744.jpg

だからかぁ〜  
アリがいるのに気にならないのかな〜
と思いながら撮影していました💦



大好きなムモンアカシジミに似ています^^
形状が異なるのでワクワクしました💕


元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_19491890.jpg

メタリックが鮮やかで撮影したくなる蝶ですが
ハイスピードで撮影がとても難しい蝶でした。

吸蜜時間も短く難易度が高い蝶でした。
運が良かったとしか言いようがありません。

元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_19492738.jpg
学名 Papilio palinurus(Blue Banded Peacock)PAPILIONIDAE
和名 パリヌルスクジャクアゲハ
ルリタテアゲハ

オビクジャクアゲハやルリスジアゲハ記載してあるものもありました。

元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_19513996.jpg
学名 Mycalesis perseus

和名 ヒメヒトツメジャノメ





元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_19515585.jpg
元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_19520181.jpg
オナシウラナミシジミかな?
間違っていたらごめんなさい

午前中の撮影は2時間  これにて終了♪








この後クールダウンの為プールに入りました。





お昼ご飯はカレーが食べたいという主人の要望に応えて
タクシーに乗って移動
元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_08390044.jpg

有名なマレーシア料理を美味しくいただけるお店


元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_07591436.jpg

バナナの葉に包まれて中に入っているのは・・・

元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_07591298.jpg
タイ米でした。

おしゃれ〜💕

元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_07591758.jpg
タコの足のようにかたどってあるのはウインナーではなくピーマンでした^^

元旦 AM ホテルの周りの蝶たち_d0285540_21552150.jpg
食事中何かが飛びました💦
クロマダラソテツシジミ でした♪

周りの外国人は何してるの?そんな雰囲気で私を観ていたような(笑)

iPhoneにて撮影






ショッピングを済ませホテルに帰り


最後の撮影

夕方のホテルの周りの探索を始めました。













by h13_540 | 2019-01-19 05:35 | 海外の蝶 | Comments(6)