カテゴリ:北海道( 39 )

ジョウザンミドリシジミ 斑紋異常(白化)


目の前にゼフが降りてきました。

なんじゃこれ〜💦


ゼフに斑紋異常なんてあるの?

そう思い 蝶友さんにすぐに連絡しました。
ジョウザンミドリシジミ 斑紋異常(白化)_d0285540_05460584.jpg

帰宅したら北海道に詳しい大先輩に聞いてみよう・・・
そう思いながら何回もシャッターを押しました。


この時思ったのは  赤斑が離れているので
オオミドリシジミ かハヤシミドリシジミ の斑紋異常かな?でした。
しかし・・・

大先輩からメールの返事が届きジョウザンミドリシジミ とのことでした。

予想外な名前に驚き  これはわからんわぁ〜  と
ゼフの同定が苦手な私はお手上げ状態でした💦

北海道のジョウザンは白条が外縁部に向かって流れる傾向にあります。
とご教示いただきました。


撮影した写真を見直すと
ジョウザンミドリシジミ 斑紋異常(白化)_d0285540_05455653.jpg

①白条が流れている個体がいた!


ジョウザンミドリシジミ 斑紋異常(白化)_d0285540_05455846.jpg
この個体は開翅が撮れた個体でした。。

この場所で初めて開翅した個体なので
すっごく綺麗でワクワクした個体でした。

ジョウザンミドリシジミ 斑紋異常(白化)_d0285540_05460167.jpg



ジョウザンミドリシジミ 斑紋異常(白化)_d0285540_05460302.jpg



これ以降  北海道で撮影した
白条が外縁部に向かって流れるのはジョウザンシジミ !っとインプット


しかし
2020.7.20オオミドリシジミ も同様な感じを受ける個体もいる
ということを学びました。

ジョウザンミドリシジミ 斑紋異常(白化)_d0285540_05460584.jpg
しかし この斑紋異常は凄い!

大先輩もここまでの個体は見たことがないと・・・



S先生にお伝えすると
昭和51年に発刊された原色日本蝶類図鑑(保育社)にも
標本が掲載されています。

と教えてくださいました。



気になったので購入してみました。








これにて1泊2日の北海道遠征記 終了です。

いろんな蝶を見ることが出来てとても勉強になりました。
学ぶことが多かった遠征です。

ご教示いただきました大先輩・S先生 
一緒に色々調べてくださった蝶友さん ありがとうございました。








by h13_540 | 2020-07-22 01:06 | 北海道 | Comments(10)

北海道遠征 ポイント⑤

最後のポイントに着いたら お日様が出始めました。

これはラッキー!^^/ 


林道の入り口ですぐに ゼフが飛び出しました。

すぐに夢中になりました。


っが
奥に入るにつれて地面が濡れていてゼフが吸水している様で
歩く度に足元からゼフが飛びます。
びっくりします。

今までゼフはトントンして撮影する蝶という認識だったので
足元を見て踏まない様にゼフを探すなんて初めての体験でした。

ゼフの同定が苦手な私は難しい宿題がいっぱいになってしまった感じ💦
同定は帰ってからすればいいから
とりあえず目の前の蝶たちを撮影しようと
贅沢なことを感じながらの林道でした。





北海道遠征 ポイント⑤_d0285540_06251738.jpg


エゾミドリシジミ ♂ ?  アイノミドリシジミ♂?

どっちかな?


北海道遠征 ポイント⑤_d0285540_06252235.jpg

エゾミドリシジミ ♀


北海道遠征 ポイント⑤_d0285540_06252444.jpg
ジョウザンミドリシジミ ♀

北海道遠征 ポイント⑤_d0285540_06252743.jpg

アイノミドリシジミ♀


北海道遠征 ポイント⑤_d0285540_06253209.jpg
オオミドリシジミ♂

北海道遠征 ポイント⑤_d0285540_06253470.jpg
メスアカミドリシジミ♂

北海道遠征 ポイント⑤_d0285540_06253763.jpg
メスアカミドリシジミ ♀




そのほかは
北海道遠征 ポイント⑤_d0285540_19424803.jpg

コミスジ 北海道亜種

北海道遠征 ポイント⑤_d0285540_19422070.jpg
シータテハ・ミスジチョウ・ミドリヒョウモン
フタスジチョウ・ヒメウラナミジャノメ


北海道遠征 ポイント⑤_d0285540_06245916.jpg

スジグロシロチョウかな?


北海道遠征 ポイント⑤_d0285540_06250268.jpg
コムラサキ


との出会いがありました。

滞在1時間でしたが充実した1時間でした。



※ゼフの同定は苦手です。
苦手な理由は
ゼフを見る機会が乏しいからです。
っとちょっと言い訳めいたことを書きました^^;


名前が間違っていたらご教示よろしくお願いいたします。





次は今回の遠征 最後のブログになります。










by h13_540 | 2020-07-21 04:05 | 北海道 | Comments(8)

北海道遠征 ポイント④

11日〜12日にかけて夜中の天気予報は雨が降る確率が80%でした💦

12日(日)の天気予報も降水確率40%
あちゃぁ〜💦

早朝 目が覚め外を見ると
曇ってはいるものの雨が降った気配はない
朝も温泉に入り食事を済ませ8時に出発

お昼前にはこの地を離れないといけないので
近くの林道を2箇所いく予定にしました。


雨になるのか晴れるのか どちらにに傾くか不安ではありましたが
まずは1箇所目の林道に行ってみることにしました。

最初は全く蝶の姿はありませんでしたが
奥に入っていくと
ゼフの卍が始りました。

北海道遠征 ポイント④_d0285540_19343631.jpg
主人撮影

ジョウザンミドリシジミ でした^^
訂正 オオミドリシジミ

もう少し奥に入ると足元に綺麗な色の蝶が飛びました。
北海道遠征 ポイント④_d0285540_19361311.jpg

ルリシジミでした^^

この林道はここまでにして車に戻る方向で歩き出して発見!!!

北海道遠征 ポイント④_d0285540_19412637.jpg

主人撮影

キバネセセリの集団給水でした。
少し離れているところにもいるので全部で7頭いました。


北海道遠征 ポイント④_d0285540_19444639.jpg

こんなチャンスは滅多にない♪

北海道遠征 ポイント④_d0285540_19445527.jpg

どの子にピントを合わせようか悩んじゃう^^;



北海道遠征 ポイント④_d0285540_19465183.jpg
這いつくばってキバネセセリを撮影


下2枚 iPhoneにて撮影
北海道遠征 ポイント④_d0285540_19514014.jpg


iPhoneの方がいい感じ

北海道遠征 ポイント④_d0285540_19524388.jpg

思いがけない出会いに感謝♪



最後の場所に移動することにしました。







追記
昭和51年発行の原色日本蝶類図鑑(保育社)調べてみました。

オオミドリシジミ のところに
北海道やその他の寒冷地に棲息する者は小形で
裏面の地色は白色が強くときに白帯の外側が内側に比べてかなり白色が強く
白帯が特に発達した様な感じを受ける個体もある。

と記載されていました。



by h13_540 | 2020-07-20 04:28 | 北海道 | Comments(7)

北海道遠征 ポイント③

11日(土)最後のポイントに着いたのは16時過ぎ


こんな時間だから
なんでもいいから出てきて〜〜〜!

そんな気持ちでした。

ゼフの活動時間でもあるのでオレンジ色の蝶はよく飛びましたが
とまらないので撮影できず
北海道遠征 ポイント③_d0285540_05380742.jpg
主人は頑張って撮影した様ですが^^;


運よく出てきてくれたのは
北海道遠征 ポイント③_d0285540_14283826.jpg

オオイチモンジ♀

これはメチャ ラッキー💕

北海道遠征 ポイント③_d0285540_06152073.jpg
サカハチチョウでした。





これにて近くの温泉宿へGO♪




by h13_540 | 2020-07-19 04:26 | 北海道 | Comments(2)

国蝶 オオムラサキ 栗山町地域変異


国蝶 オオムラサキ 栗山町地域変異_d0285540_12093243.jpg

こちらがいつも撮影する長野県のオオムラサキ



国蝶 オオムラサキ 栗山町地域変異_d0285540_12095430.jpg
国蝶 オオムラサキ 栗山町地域変異です。

(栗山町東部亜種と記載されているものもあります)

クリヤマエンシスという学名があることを
Farfalla65さんにご教示いただきました。




矢印の一番内側の黄色い斑紋が三日月になっているのが特徴の様です^^

北海道の蝶は奥が深い







by h13_540 | 2020-07-18 04:08 | 北海道 | Comments(4)

北海道遠征 ポイント②




ポイント②では目的だったフタスジチョウとの出会いがありました。
北海道遠征 ポイント②_d0285540_14191169.jpg


フタスジチョウ北海道亜種


白帯が広くてかっこよかったぁ〜

北海道遠征 ポイント②_d0285540_14191934.jpg
長野産と比べてみました^^

北海道遠征 ポイント②_d0285540_14214796.jpg
裏翅

北海道遠征 ポイント②_d0285540_14214996.jpg

ん〜 満足


しかし
もう一つの目的 ミヤマカラスアゲハ は端境期で会えませんでした💦


そのほかには
北海道遠征 ポイント②_d0285540_14225584.jpg
メスアカミドリシジミ の♂

北海道遠征 ポイント②_d0285540_14233758.jpg



北海道遠征 ポイント②_d0285540_14235778.jpg

ウラナミアカシジミ


何かはわかりませんが主人が飛翔にチャレンジしていました。

北海道遠征 ポイント②_d0285540_14241192.jpg

北海道遠征 ポイント②_d0285540_14241411.jpg

北海道遠征 ポイント②_d0285540_14242009.jpg

北海道遠征 ポイント②_d0285540_19225759.jpg
クロヒカゲ

北海道遠征 ポイント②_d0285540_19225923.jpg
ヒカゲチョウと思っていたらこちらもクロヒカゲ

改めて フィールドガイド日本のチョウを見たら
ヒカゲチョウは北海道には生息していない💦


ここでも学びました。









by h13_540 | 2020-07-17 04:16 | 北海道 | Comments(4)

北海道遠征 ポイント①

7月11日(土)〜12日(日) 4年ぶりの北海道遠征です。


北海道遠征 ポイント①_d0285540_05544183.jpg
ポイント①では
今年初見のカラスシジミ 💕

北海道遠征 ポイント①_d0285540_06014106.jpg


まさかこんなところで出会えるとは思っていなかったので
テンションが上がりました。


北海道遠征 ポイント①_d0285540_06014494.jpg
アカマダラ夏型もいました^^





ちょっとここで時間を取り過ぎてしまい
急いで次のポイントへ向かいました💦

北海道遠征 ポイント①_d0285540_05545931.jpg
途中 電車がきたので すかさず助手席から撮影^^♪





*     *     *     *     *




余談ですが

新型コロナウィルスが流行し
初めて人混みが予想される場所に行きました。

空港はいろんな方がいらっしゃる場所なので皆さん
日頃より一層 新型コロナ感染に気をつけておられるとは思いますが
ちょっとびっくりしたことがありました。

まず マスクを ↓ の様につけていらっしゃらない方がいました。
北海道遠征 ポイント①_d0285540_09073577.jpg


新型コロナウィルスの感染経路は今のところ
飛沫感染と接触感染です。

ですので政府は予防策として
 飛沫感染→マスクと 接触感染→手洗いを奨励しています。
なぜマスクはプリーツを下向きにするのか?
飛沫感染とはウィルスが空気より重いので下に落ちる傾向があります。
プリーツを上向きにするとプリーツの中にウィルスが溜まってしまいます。
せっかくマスクをしていても残念なことになりかねません。

次は
旅行中の 接触感染の予防ってどんな風に思っているのかな?
今回 それを強く感じました。
単純に言うと感染者が触った物(場所)を触る ってことですよね
不特定多数の方がいる空港・機内 ってすぐに手洗いできません。
もちろん携帯用の消毒剤を持っていて消毒しています!
と言う方もいるかもしれませんね
それならいいんですけど
ディスポの手袋をしていた乗客は見える範囲では
帰路の便のCAさんと私たち夫婦だけでした。
これには正直驚きました。
空港内ロビーで探したら1人男性の方がいらっしゃいました。
正直もう少しいるかと思っていました💦


宿泊先は大きなホテルだったので食事はバイキングでした。
マスク着用もお願い事として書いてありました。
予め分かっていたことなのでディスポの手袋を用意していたのですが
ホテル側がちゃんと準備をしてくれていました。
バイキングの場所には消毒剤とディスポの手袋があり 
ご自由にお使いくださいと書いてありました。
しかし
この手袋を使用していた人は 1〜2割の人だけでした。

もし感染者がトングを使用していたら・・・
ゾッとする光景でした。

普段当たり前にしている手袋の脱着方法ですが
もしかして 当たり前ではないのかも・・・
そんな思いがしたのでこちらも合わせて載せます。


北海道遠征 ポイント①_d0285540_13344647.png



ちなみに
今回3層の不織布マスクの上にN95マスクをし
使い捨て手袋をして空港・機内を過ごしました。


マスクは口や鼻の粘膜を保護しますが
目の粘膜はメガネや伊達メガネが簡易的ですが
くしゃみや咳からの保護の役目をしてくれます。
仕事上では眼鏡の上からゴーグルをつけることもあります。



人混みの中に入る場合
それなりのマナーを心得ていく方がいいと感じ
このことが
これから旅行する方々(人混みに入る場合)のアドバイスになれば幸いです。


by h13_540 | 2020-07-16 05:13 | 北海道 | Comments(2)

モンキチョウ乱舞  in 北海道


北の大地で一番多く見た蝶はモンキチョウ


モンキチョウ乱舞  in  北海道_d0285540_19185109.jpg

求愛行動を撮影していたら

モンキチョウ乱舞  in  北海道_d0285540_19185566.jpg


1頭が入って来ました。


モンキチョウ乱舞  in  北海道_d0285540_19185829.jpg


あらよ あらよという間に4頭で乱舞^^;




モンキチョウ乱舞  in  北海道_d0285540_19190143.jpg

モンキチョウ乱舞  in  北海道_d0285540_19190402.jpg

モンキチョウ乱舞  in  北海道_d0285540_19190700.jpg

モンキチョウ乱舞  in  北海道_d0285540_19190901.jpg

モンキチョウ乱舞  in  北海道_d0285540_19191224.jpg





















by h13_540 | 2017-09-27 06:03 | 北海道 | Comments(2)

北海道の蝶たち

9月23日〜24日は息子家族と北海道旅行に行って来ました。

目的はトマムの雲海撮影&グルメの旅

23日午後から雨が降り出し翌朝の雲海は諦めないといけないのか心配になりました。

北海道の蝶たち_d0285540_14220517.jpg
夜中AM1:30目をさますと
満天の星空に嬉しくって寝れなくなってしまいました。

手持ちで窓から撮影したのでピントは甘いのですが
すっごく綺麗でした。


5時前 孫も一緒にペンションを出発


気温7度^^;
北海道の蝶たち_d0285540_14220983.jpeg

見事な雲海

係りの方によればこんなにすごいのは珍しいとのこと
前日の雨がナイスタイミングとなったようです。

風に乗って雲がこちらに動いて来ます。
流れてくるのがはっきりわかります。

北海道の蝶たち_d0285540_14221161.jpg

気球も可愛かったし・・・^^


今回は蝶がメインではありませんが
この時期どんな蝶がいるんだろう?

未知の世界に興味がありました。
いたら是非撮影したい♪





孫の喜ぶ場所に行く途中のSAでは今年初見のクジャクチョウ
この時気温15度
北海道の蝶たち_d0285540_19125367.jpg
主人が見つけてくれました。


北海道の蝶たち_d0285540_19125658.jpg

アカタテハ

北海道の蝶たち_d0285540_19130117.jpg

少し小さめのベニシジミ


北海道の蝶たち_d0285540_19163687.jpg

モンシロチョウもいました。

目的の場所に到着すると
北海道の蝶たち_d0285540_19172370.jpg

ここでもクジャクチョウとの出会いがありました。

北海道の蝶たち_d0285540_19173277.jpg

ヒカゲチョウ


北海道の蝶たち_d0285540_20395319.jpg
傷んではいるもののオオウラギンスジヒョウモン




北の大地でも蝶を見ることができて嬉しい家族旅行になりました。





















by h13_540 | 2017-09-26 06:23 | 北海道 | Comments(6)

『北の大地』 イシダシジミ

今回遠征最後のブログです

トリを務めるのはイシダシジミです^^;
(アサマシジミ北海道亜種)



修理に出していたD500も手元に戻ってきました^^♪







18日(月)この日は朝から土砂降り・・・
完全に蝶撮影はできない天候

しかしホテルでのんびりするわけにもいかず
予定通り出発


オオイチモンジのポイントに着きました。

掃除をしている方に声をかけ蝶は来るのかお伺いすると
「この天気では無理でしょう」とのこと

そうだよね〜〜〜

しかし 雑談をしていると
地元の方は何気ない話でしょうが
地を知らない私にとってはその話は新鮮でした。

聞き流してしまうような話でもありますが
私にとっては大きなヒントでした。



ヒントを生かしたいと思い 即 行動




ポイントに着くと不思議なことに雨は止み
貴重なイシダシジミとご対面^^♪
『北の大地』 イシダシジミ_d0285540_05192149.jpg

東北の方と台湾からの方がいました。

なんとチョウ友さんの知り合いの方でした。
ここで再会するとはびっくりです。

お話をお伺いすると
3週間前に発生したようです
なんとか終盤ですがタイミングが良かったです。
『北の大地』 イシダシジミ_d0285540_06320263.jpg
ちょっとボロですけど^^;
『北の大地』 イシダシジミ_d0285540_06315880.jpg
遠軽町のイシダシジミです

『北の大地』 イシダシジミ_d0285540_06320042.jpg
メスは綺麗な個体もいました
『北の大地』 イシダシジミ_d0285540_05260215.jpg

TG3深度合成モードで撮影


『北の大地』 イシダシジミ_d0285540_05192184.jpg

10時すぎフライトの関係上ここで撮影終了
1時間ほど楽しみました。

今回もズボンがビッタンコ^^;




人との出会いで撮影したかった貴重なイシダシジミとの出会いもあり

今回の遠征は  運が良かったです

今年の7月連休  悪天候でしたが蝶のタイミングはばっちりでした。


今年も格安切符で楽しませてもらいました。

来年はきっと6月末に未見の蝶を計画するでしょう(笑)



『北の大地』 イシダシジミ_d0285540_06243886.jpg
主人撮影
ひまわりの咲く空港


『北の大地』 イシダシジミ_d0285540_06294700.jpg
私 TG3にて撮影

3日間ともこんな天気でした^^;









遠征記おしまいです


長い間 お付き合い頂きありがとうございました。














by h13_540 | 2016-07-28 20:13 | 北海道 | Comments(2)