チョウの飛び方


4日静岡県まで母を連れてお墓まいりに行ってきました。

用事を済ませた後は自由時間♪




河原にはヒメアカタテハが吸蜜していました。

あちこちに飛び回り吸蜜するので
リアルに表現したくなりました^^;
d0285540_21554159.jpg

連写4枚を合成してみました。


次の花に移動した瞬間です

一旦上に上がり翅を閉じながら下り
次の花に移動しているように見えます。

ピントは甘かったのですが
連写で動きを捉えることができました。
d0285540_20282338.jpg

こちらは連写3枚を合成してみました。

飛び立つ瞬間が欲しかったけれど
素早く翅を広げてしまった^^;

飛ぶのに丁度いい風が吹いたのかな?

d0285540_21573603.jpg

意外とタイミングが難しいものだな〜 と感じました。



過去に撮影した連写の写真を見直してみました。

何枚もピントが合っていないと連写合成写真ができない
そして貼り付けるために
チョウの飛翔の間隔も空いていないといけない


そんな写真あるかな?





まずは
d0285540_20370628.jpg
タイワンモンシロチョウの連写3枚合成写真


d0285540_06432069.jpg
こちらは
エゾヒメギフチョウ連写4枚写真を合成

D500を使い
凄いカメラと実感した瞬間でした。

うまくピントが合っていました。

















ネットから引用
チョウの飛び方は種類によって異なるようです。



<バタバタ型>

モンシロチョウのようにバタバタ飛ぶ


<滑空型>

まっすぐしっかり飛び時々羽ばたきをやめて滑空する。

渡りをするチョウは殆ど羽ばたかずに

風に乗って飛んでいくことができる。

タテハチョウの多くがこの飛び方をする。


<ふぁふぁ型>

ジャノメチョウの仲間に見られる飛び方で

『U』の字を描くように上下揺れながら飛ぶ


<弾丸型>

セセリチョウの飛び方に見られ羽ばたきは蜂のように早く

ホバリングも可能





ふぁふぁ型は連写機能を使っても複数ピントが合うのは難しい
1枚の飛翔写真はあっても複数の連写飛翔写真はなかった^^;



もちろん 
弾丸型の連写複数枚ピントが合っている写真もなかった^^;






いつかは撮影してみたいな〜












by h13_540 | 2016-09-07 06:33 | 趣味 | Comments(2)
Commented by ダンダラ at 2016-09-07 16:16 x
いろいろチャレンジされていますね。
やはりエゾヒメギフの合成写真が秀逸ですね。
野外で合成でなくてこんなシーを撮影したいなと強く思います。
Commented by さっちゃん♪ at 2016-09-07 18:55 x
ダンダラさん こんばんは
コメントありがとうございます
合成写真を思いついたことでPcの操作も学べました
それだけでも1歩前進したおばちゃんです^^;
野外で・・・同感です^^
乱舞は見たことがないので是非見てみたいです。
それと 今年の台風ですが北海道の被害がだいぶありますね
チョウは丁度卵から幼虫に変わる時期
来年の北の大地の蝶の発生に影響ありますかね?心配です。
<< キタキチョウ給水 勉強方法 >>