言葉変換『もんじろう』用アイコン 陽明山国家公園 二子坪の蝶たち   

2017年 07月 22日

108番バスに乗って向かった先は二子坪
ハイキングの方々でバスの中はいっぱいです^^;



林道を歩き始めると
d0285540_06562394.jpg
コヒトツジャノメ 高温型(かな?)を見つけました。
              コジャノメ 夏型

※世界を飛び回っている亀山さんご教示ありがとうございました。




若い人が何を撮影しているの?と話しかけて来ました。

指をさして伝えるとにこやかに微笑んでくれました。
この後若者はカバンの中からNikonのカメラを取り出し
思わず笑みがこぼれました。

後ろを歩く方々もこちらを見ながらハイキング
そんなに珍しいのかな?^^;

d0285540_06584425.jpg
主人撮影  クロタテハモドキ

d0285540_07000032.jpg

うまいこと飛翔が撮れて嬉しかった♪

d0285540_07004184.jpg

ワイルマンクロヒカゲかな?

d0285540_07010339.jpg
ツマグロヒョウモン

d0285540_07022497.jpg
ちょっとピンは甘いですがヒメキミスジの飛翔も運よく^^;


d0285540_07032528.jpg

変わったとかげ?名前はわかりません💦

d0285540_07040026.jpg

主人撮影  
この林道はコノハチョウがとても多くフレンドリーでした

d0285540_07045449.jpg
主人撮影

d0285540_07050299.jpg
トリミングなしです

主人がこんなに近寄っても逃げることなく・・・




コノハチョウがホバリングをして
とまる場所を探しているように見えました。


手を差し伸べると

d0285540_07055088.jpeg
これにはびっくり!

本当にとまりました💦

やっぱり とまりたかったのね^^;

d0285540_07055409.jpg
主人が「暗いから向きを変えてくれる?」というので
体を動かしましたが逃げません💦
d0285540_07060135.jpg
それどころか私の指を歩きます💦
d0285540_07091430.jpg
そういえば 前回もコノハチョウはフレンドリーでした。

d0285540_07101897.jpg
木にとまったところを撮影していると
いつのまにか後ろは人だかり💦

これには驚きました105.png

何かいるのか?
みんなカメラの向く方向を探していました。
コノハチョウがなかなかわからないようで指をさすもわからず
どんどん前に歩いて行き
コノハチョウが飛んで初めてわかったようです。

現地語で何かみんなで話していたようですが内容はわかりません。

蝶を撮影することが珍しいのか
親近感を持って接してくれました。
d0285540_07110026.jpg
タイワンウラナミジャノメ




主人は疲れたので座っていると
d0285540_07120082.jpg
目の前に
アオバセセリ or ニセアオバセセリ がとまってくれたそうです。
(杉坂先生にご教示いただきました)

焦る気持ちが強かったのか
暗い場所だったからなのか
ピントがなかなか合わなかったそうです💦

私が戻ったら飛んで行ってしまいました。
残念




子供の靴が落ちていたので周りを見渡すと
ベビーカーで寝ている子供の左足が裸足でした。

走って追いかけて届けると
お礼を言ってくださったり
その光景をずっと見ている人がいたり
台湾の方々と接する機会が結構あって
親しみやすいお国柄と感じました。



そろそろ終了にしないと帰りのバスがなくなってしまいます^^;

そこで最後に現れた蝶は
d0285540_07111360.jpg
ウラフチベニシジミ
d0285540_07111987.jpg
主人撮影
主人はマクロレンズに変えて撮影
d0285540_07112350.jpg

これで本日の撮影終了♪

1日で 35種の蝶を撮影できました。

台湾は魅力的です。


夕食は 小籠包・飲茶
d0285540_07112782.jpg
色とりどりの飲茶は運気を上げるという飲茶だそうです^^
箸袋には蝶の模様が♪








これにて台湾遠征のブログは終了です



最後に 
蝶の名前間違っていたらごめんなさい。


ご教示よろしくお願いいたします。














# by h13_540 | 2017-07-22 18:58 | 海外の蝶 | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン 陽明山国家公園  横嶺古道の蝶たち   

2017年 07月 21日

なんとか横嶺古道に到着しました。

っと言っても蝶撮影しながらなので楽しい道のりでしたけどね^^
d0285540_06362666.jpg
分岐点です

d0285540_06363269.jpg
蝶の看板でテンションは上がるけれど
こんなに古道が長いとは・・・
全て歩くつもりはないけれどとりあえず行ってみよう^^;
d0285540_06363774.jpeg
こんな感じで本当に蝶に出会えるの?と不安も・・・


最初に出会ったのは
d0285540_06401485.jpg
ヤエヤマイチモンジ♂

d0285540_06401728.jpg


陽のあたる場所には
d0285540_06402127.jpg
エサキキチョウが吸蜜に訪れていました。

d0285540_06402424.jpg
シロシタセセリの登場にはテンションが上がりました。

八重山ではまだコウトウシロシタセセリにも出会っていないので
似ている蝶に出会え何年もの恋が成就した気になりました^^;

d0285540_06402843.jpg

ヒメキミスジ

開翅は撮影できませんでしたが日本では見ることができない蝶に
ワクワクしました。

d0285540_06403253.jpg

アマミウラナミシジミ

d0285540_06403505.jpg
ヤマトシジミ

d0285540_06490166.jpg

ルリタテハ

d0285540_06490551.jpg
タイワンクロボシシジミ


こんなところで蝶に出会えるのだろうか?
最初の不安は全くなくなりました(笑)

それ以上に次はどんな蝶に出会えるのだろうか?
そんな期待が膨らみ始めたのは言うまでもありません

d0285540_06514917.jpg
メスチャヒカゲ


エキゾチックな模様にドキッ💕
d0285540_06515367.jpg

キミスジ

d0285540_06515847.jpg
裏翅模様も^^

d0285540_06520211.jpg
ところどころにどこまで来たのかわかるようになっていました。

d0285540_06520857.jpg
トガリチャバネセセリでしょうか?

結構いました。

d0285540_06521111.jpg
坂道が苦手な主人は疲れてしまって
車道に出てタクシーに乗ろうと言い始めました。

しかし  車道(バス停)まではもう少し歩かねばなりません💦









バス停には現地の方々が集まって楽しそうにお話をされていました。
しかし
時刻表がない💦

頻繁にバスは来るのでしょうか?

下りのバスが来たらみんな乗ってしまい私たちだけになってしまいました。

ここで持って来たおにぎりを食べました。

d0285540_13523891.jpg

リュウキュウムラサキが登場

d0285540_13280414.jpg

2頭が絡み始めました。

はやっ!💦
挑発されているようでムキになってしまいました(笑)

d0285540_13280889.jpg

バスが来ないので夢中で撮影

d0285540_13281123.jpg
ここまで頑張ったご褒美でしょうか?
面白い場面に出会えました。
d0285540_13281506.jpg
主人も負けじと(笑)
d0285540_13281971.jpg

d0285540_13282678.jpg

お互い写真を見せ合っていると

あっ!

バスが行っちゃった〜  💦

時すでに遅し💦

すっごくショックだった💦

待てど暮らせど次の上りのバスは来ません。
仕方なく
かなり急な坂道を登り始めました

ア〜〜〜 しんどい💦


さっきのご褒美はなんだったのでしょうか?
坂道が苦手って言っているのに
今まで以上の坂道が待っていたとは・・・






エ〜〜〜また次のバスが通過







こんなことならバス停で待っていたらよかった💦
うまく行きません








あら〜 元気が出るものみっけ(笑)
d0285540_13311145.jpg
地元のおばあさんにこのままバス通りを登った方がいいのか
横嶺古道を登った方がいいのかお伺いすると
日本語教育を受けられた方

流暢な日本語で
「横嶺古道の方が少し時間はかかるけど涼しいよ」
と教えてくれました^^

迷わず横嶺古道に進みました。

あ〜〜〜だからかぁ〜  
この暑い最中 涼しい古道だから蝶を見ることができるんだ〜


d0285540_13441170.jpg

結局 横嶺古道を1周歩いてしまいました💦

そのおかげで見ることができた蝶を載せます

d0285540_13450449.jpg

シロスジマダラ

d0285540_13475041.jpg

ミカドアゲハ

d0285540_13480646.jpg


d0285540_13490677.jpg
ウラキマダラヒカゲ

d0285540_13452103.jpg

ホリシャミスジ

d0285540_13452540.jpg
主人撮影

タイワンミスジ

d0285540_13453298.jpg
主人撮影

テングチョウ




最初の分岐に戻って来たらお昼になりました。
午前中で27種類の蝶との出会いがありました。


2人ともさすがにヘトヘト💦
バス停付近のスターバックスにてしばし休憩


英気を養ったので108番のバスに乗って次の場所に移動しました。
最後の撮影場所です。




















# by h13_540 | 2017-07-21 06:02 | 海外の蝶 | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン 陽明山バス停付近の蝶たち   

2017年 07月 19日

いつもは台北のアスターホテル(日本語対応可)に宿泊するのですが
陽明山までバスだと1時間以上かかるので
今回は陽明山に近いダンディホテルにしました。

d0285540_21454883.jpeg
お洒落なダイニングでした^^

朝食も美味しかったです♪


16日(日)朝8時前 タクシーを呼んでもらい陽明山のバス停に行って欲しいと
地図を見せると不思議がられ
タクシーの運転手はホテルに入って行ってしまいました💦

何が起きたんだろう?  焦るわぁ〜 💦

フロントの方が来て
「何しに行くの?」と聞いて来た。
「butterfly picture」と答えると納得され
運転手に通訳してくれて GO! という運びとなりました^^;

行ってみると  なるほど〜
観光地というより地元の人のハイキング場所でした。

さて ポイントの横嶺古道はどこにあるのでしょう?

バス停にいた老夫婦にお伺いしてみました。
流暢な日本語で対応してくれました。
最終的にはわからないとのことで
「この先に交番があるからそこで聞いてみるといいよ」とのことでした。

戦争を体験された方々は
日本は一緒に戦った兄弟と数年前に
観光でお邪魔した時に言われた言葉を思い出しました。
日本語教育を受けた年代ですね。

「日本語とてもお上手ですね」とお伝えすると
とても優しいいい笑顔を返してくれました^^


交番まで行く途中
動物的勘で歩きました(よくある行動です 笑)

小さなシジミが飛びました。
d0285540_05430310.jpg

ヒメウラナミシジミでしょうか?


d0285540_05430901.jpg
名前はわかりません

アトムモンセセリ

中型のセセリチョウで,明るい所にもいますが,
ジャングルの中の暗い場所にもいるという
不思議なチョウです。

杉坂美典先生よりご教示いただきました)


公園にでました。

散歩をしていたり体操をしていたり
みなさん澄んだ空気の中 休日を楽しんでいました。
公園内には水が流れていました。
d0285540_05431986.jpg
あれ?
足湯を楽しんでいるカップルがいました。

d0285540_05432541.jpg
硫黄の匂いがします
温泉です。これにはびっくり!

以前 クアラルンプールで温泉の出る川で
国蝶のアカエリトリバネアゲハの集団給水を見たことがあるので
ワクワクしました。

給水できそうな場所を探しました。


d0285540_05433045.jpg
集団はいませんでしたが時折 蝶が給水に来ていました。

d0285540_05433375.jpg
カラスアゲハでしょうか

d0285540_05433885.jpg

d0285540_05434195.jpg
クロアゲハ
台湾のクロアゲハには尾状突起はありません。

d0285540_05434510.jpg
イシガケチョウ

d0285540_05435140.jpg
アオスジアゲハ
d0285540_05435692.jpg
タイワンミスジでしょうか?



白い蝶が飛びますがなかなかとまりません
やっと近くに来ました。
d0285540_05440098.jpg
タイワンモンシロチョウ

d0285540_05440683.jpg
タイワンシロチョウ

d0285540_05441077.jpg

主人に呼ばれました。

公園内にはリスが💕
d0285540_05441569.jpg

可愛かった〜♪

d0285540_05442186.jpg
やっと交番に着きました。
おまわりさんに聞いても横嶺古道はわからないとのこと
wcをお借りし自力で探すことにしました。


あっ!いつものアプリを使えばよかった💦


目的地とは反対方向に向かっていることがわかりました💦




さて 次は横嶺古道の蝶たちです♪



















# by h13_540 | 2017-07-19 20:37 | 海外の蝶 | Comments(0)