カテゴリ:歴史( 7 )

アクロポリス

忙しい日々を送っているため
ギリシャ旅行のプランは全く考えていませんでした。
行きの機内で本を読めばいい  そんな感じでしたが読むこともせず
観光1日目の早朝   旅行雑誌 『るるぶ  ギリシャ』を見て
この2日間のプランをたてました。

行き当たりばったりの旅の始まりです。

初日の天気は曇り時々小雨でした。
気温は東京と変わりありませんが乾燥しています
その分暖かく感じるのかもしれませんね。

まずは 第1目的である 『アクロポリス』を目指してGO^^/
d0285540_21212235.jpg

パルテノン神殿は丘の上にあるので坂道を登ります
d0285540_21235054.jpg

お土産売り場もあれば こんなお店もありました
d0285540_21252915.jpg

お店の方に勧められ^^;
d0285540_21421965.jpg

アコーディオンを背負い いい味 でてる〜^^♪


d0285540_21263991.jpg

パルテノン神殿の周りには遺跡がいっぱいです。
日本では パルテノン神殿が有名ですが
神殿ほか周りを全て含んだ丘全体を『アクロポリス』と呼んでいます。
ヘロド・アクティス音楽堂を上から見下ろしました。
BCの文化は凄い!
今もフェスティバルのときには使い
32段の客席に5000人が入るそうです。
d0285540_22282030.jpg

パルテノン神殿は修復中でした。
このアングルがいつも登場しますよね^^;
d0285540_22291579.jpg

では  真正面から
d0285540_22295111.jpg

斜めから
d0285540_22301820.jpg

真横から
d0285540_22304384.jpg

後方からです。  これで半周ですね
d0285540_22313141.jpg

上部には牛
d0285540_2232128.jpg

ライオン
d0285540_22322661.jpg

手の込んだ造りですね
きっと意味があるのでしょうが 
有料ガイドさんをお願いしなかったのでわかりません
ネットで検索したらなにかつかめるかも・・・
d0285540_22344159.jpg

修復中に見ることができたのもラッキー
と思える日が来るかもしれないので載せますが
ひとつひとつを下ろして修復し積み上げもとに戻すようです。
d0285540_22365761.jpg

ですのでご覧の通り 継ぎ接ぎだらけ
d0285540_22393094.jpg

かなりの作業ですよね
d0285540_22392866.jpg

かなりレアな場面かも
d0285540_22405850.jpg

パルテノン神殿から街を見下ろしました
d0285540_22413484.jpg

真正面にある丘はリカヴィトスの丘
d0285540_22443857.jpg

ギリシャに来た実感が湧きました
d0285540_22451839.jpg

エレクティオン神殿
この女性たちはデプリカだそうで本物は博物館にあるそうです
(ガイドさんの説明が聞こえました)
d0285540_2255166.jpg

さて 丘を下り始めるとディオニソスの劇場が見えました。
BC4年に木造から大理石に改築されたようです
d0285540_22573669.jpg

大理石の椅子
d0285540_22571342.jpg

大理石の椅子に座ると景色はこんな感じ
d0285540_2258242.jpg

これも凄いな〜

丘を下り残っている中では 最古の神殿
d0285540_2314938.jpg

ゼウス神殿
d0285540_2341149.jpg

振り向くとパルテノン神殿が見えます
あちこち見ながら半日が過ぎちゃいました。

全部BCですよ〜〜〜〜〜〜
凄いな〜


余談ですが
d0285540_14544184.jpg

これは『ベルリンの壁』の残っている部分ですが
崩壊したベルリンの壁の跡は・・・・?
気になりませんか?
d0285540_1455322.jpg

こんな感じで 壁の跡は残って居ます
d0285540_14591788.jpg

新しくできた道路にも 城壁の跡は残してあります

これって 行ってみないとわからないことですよね
d0285540_14593636.jpg

エジプトにあるスフィンクスですが
d0285540_150381.jpg

行ってみると 尻尾がありました。

これって行ってみないとわかりませんよね〜

だから 史跡めぐりも 楽しいんです(笑)
by h13_540 | 2014-11-28 15:04 | 歴史 | Comments(4)

対馬の歴史

2年前 いつもの様に午前の仕事を終え
セントレアから福岡経由で対馬入りをしました。
翌日 午後の便で帰宅するので
毎度のことながら 強行半日探索でした


今回は土曜日 お休みを頂き
日曜日も19時発のフライトで随分  ゆっくり出来ました。
次に対馬を訪れる時は 是非見てみたい!
っと主人の夢も今回叶えることが出来ました。

d0285540_14592062.jpg

島の80%以上が山という島
その山を使い 100年前日露戦争の砲台があった島です
d0285540_1504266.jpg

弾薬倉庫
d0285540_1521411.jpg

100年前のものとは思えないくらい綺麗でした
d0285540_152448.jpg

しかし  この中に
d0285540_153272.jpg

これが山積みになっていると思うと  やり切れない思いです
大砲は直径28cm口


対馬は意外と日本人には馴染みが薄い島かと思います
あまり観光アピールもせず
必ず 壱岐対馬と ワンセットの表示^^;
観光化されていない所が いいところかもしれません

海外の方からしてみれば 対馬は有名な島で
戦争中 ロシアやイギリスが欲しかった島のようです

さて  砲台跡の近くに行ってみましょう
d0285540_1514415.jpg

後方の一段低い位置に主人がいます
大きさも参考になると思います
d0285540_15144561.jpg

真横から撮影
d0285540_15151766.jpg

先ほど主人が立っていた場所からの撮影です

この台の上に大砲があったというから
相当 大きなものだったのでしょう

しかし 島の至る所に
砲台があったのですが
1発もこの島からは撃っていないそうです。

抑止力効果はあったと思います



戦争の話は このくらいにして
d0285540_15162581.jpg

島の至る所に こんなのがありました
d0285540_15165314.jpg

自然崇拝からくるものなのか
d0285540_15173349.jpg

信仰心が強い島なので 信仰から来るものなのか
気になって仕方がありません。
帰ってから調べようと思っていたら
空港に説明書きがありました。

蜂洞(はちどう)と呼ばれる巣箱でした。
対馬は、国内で唯一蜜蜂の仲間ではニホンミツバチだけ
島内全域 が生息する島と言われているそうです

すっきりしました^^;
by h13_540 | 2014-06-11 20:50 | 歴史 | Comments(4)

教会群

長崎には沢山の教会があります

これも世界遺産の申請候補です。

まずは「浦上天主堂」の中
d0285540_6341569.jpg

教会内では撮影禁止なので
外から中を撮影しました^^;
大正3年に作られましたが原爆に合い昭和34年に立て替えられた教会です
d0285540_6302322.jpg

旧約聖書の一部が表現されています
当時文字を書いたり読める人が少なかったために
ステンドグラスに旧約聖書を描き普及活動に役立たせました
d0285540_631928.jpg

ヨーロッパに旅したときにキリスト教のイメージが変わりました
今まで身近に感じなかったのですが
ユーロを使用している国の国王はキリスト教に加盟していることが条件だったり
キリスト教は世界を動かし経済も動かしていることに驚きました。
d0285540_6333910.jpg

次は 「大浦天主堂」
d0285540_6372366.jpg

1864年に建築された日本最古の木造の教会です
d0285540_6384232.jpg

ゴシック様式が見事です。
長崎の教会は 鉄川与助さんの作です
福岡にある今村教会も鉄川与助さんの作品です
見学に行った時 交通の便が悪い所にあるので
信者の方が「駅まで送りましょうか?」と声をかけてくださったりと優しさにも触れました。

ヨーロッパ旅行後
日本でもいろんな教会を見に行きました
豊橋にある 豊橋ハリストス正教会が一番近く
明治村にも3つの教会があります。
しかし
何と言っても 五島列島の教会は 見応えがありました

今は蝶に夢中ですが
機会があったらまた教会巡りもしてみたいと思った旅行でした
by h13_540 | 2014-01-11 06:53 | 歴史 | Comments(4)

長崎と言ったら坂本龍馬でしょ!?

d0285540_738920.jpg

長崎と言ったら坂本龍馬でしょ!?
d0285540_7272862.jpg


長崎と言ったら   えっ!?福山雅治?  それもありかも・・・^^;
d0285540_728683.jpg

今回は亀山社中に行ってみました
d0285540_7283862.jpg

海外に刺激を受けていた龍馬はここから世界を見ていたんでしょうね
d0285540_7285095.jpg

私も 龍馬気分を味わおうとしましたが
高層ビルだらけで思う様に見えませんでした^^;
by h13_540 | 2014-01-10 19:53 | 歴史 | Comments(0)

軍艦島

今日のブログは
我が家の子育て教育方針
「遊んで学べる歴史シリーズ」です。

年末の旅行で一番のメインはここ⬇
d0285540_6283840.jpg

長崎県にある端島(はしま)    別名=軍艦島です
軍艦「土佐」に似ていることから軍艦島と言われる様になったそうです。

詳しく知らなかった私は 軍に関する島と単純に考えておりました^^;
もちろん歴史好きな主人や三男は 
海底炭鉱の島という予備知識は持っていたようです.

1810年頃に炭鉱が発見され 
80年後三菱合資会社の経営となり本格的に採掘するようになったそうです
1916年(大正5年)には鉄筋コンクリートの高層住宅が建ち
ベルトコンベアーやエレベーターなども導入し
こんなちっぽけな島(東北480m 東西に160m 周囲1200m)に
5300人が住んでいたそうです。
当時の東京の9倍も人口密度があったそうです。

100年前に 国内に
こんな場所があったなんて驚きました。
d0285540_6564746.jpg

当時の学校です
7F建てで 1〜4Fまでが旧制小学校
5Fと7Fが旧制中学校(7Fには理科室もあった)
6Fが講堂・図書館・音楽室
屋上が保育園
1Fにある運動場が島にある唯一の土だったようです。
プールは海水で校舎とは離れていて地下道で行けます(歩いて5分くらい)
d0285540_657695.jpg

掘り出した石炭を船に運ぶベルトコンベアーの脚組です
d0285540_658694.jpg

灯台は今も活躍しています
貯水タンクは島の高台にあり
海水と水道が半分ずつ貯めてあります。
船で真水を運んできて細い鉄管(写真中央)でくみ上げていたようです
d0285540_724788.jpg

海底炭鉱に行くためのエレベーター(階段の先)があった場所
仕事を終えると真っ黒になるので
左の部屋にはお風呂が3つあり
1つ目は服のまま入り炭を落とすそうです
3つ目は裸になり綺麗になってから家に帰るそうです
d0285540_755353.jpg

高層住宅です
各家にはすでにTVもあり 給料は世間一般より2.5〜3倍も高収入だったようです
右側のマンションは窓が大きく
左の少し奥にあるマンションの窓は窓が小さいのですが
これは風当たりの違いからだそうです
d0285540_771067.jpg

中央の階段は 娯楽施設 映画館などの入り口です


三男もすごく感動していていい旅となりました。
by h13_540 | 2014-01-09 16:57 | 歴史 | Comments(4)

竹田城跡雲海ならず

今回の楽しみのひとつ・・・
竹田城跡雲海の撮影072.gif

宿泊先には3日早朝3:30頃に出発することを前夜に伝えておきました
雲海撮影という話をすると笑顔で納得されていました。

竹田城跡雲海を撮影するには
①日の出から7:30頃まで
②晴天であること
③風がないこと
④早朝と日中の気温差があること(11月がベスト)
そして撮影場所は向かいにある立雲峡が撮影ポイント

そこの駐車場には50台しか駐車できないとのこと

5時に到着しても入れなかったので
(駐車場で宿泊している人もいました)
臨時駐車場に移動することになりました(汗

山道を30分歩き立雲峡駐車場に到着し
その後
撮影ポイントに着くまで激しい山道を30分登山(汗
もちろん日の出前なので真っ暗
懐中電灯を持ち合わせていなかったので
持っている方の後ろを歩きました^^;
石川県の方でした。
撮影ポイントは3カ所ありましたが
一番上の第一ポイントで撮影しました。

到着した6時の風景は
d0285540_19513179.jpg

だんだん明るくなってきましたがまだ日の出前
d0285540_1952823.jpg

日の出の時間になりましたが  どうも曇りのようです
d0285540_19524748.jpg

本来なら このタイミングで霧が発生し城を取り囲むのですが
d0285540_19542897.jpg

今日は
希望の雲海と竹田城跡とのコラボは撮影出来ませんでした。
後ろでは雲海が発生していたのですけどね〜

d0285540_19544228.jpg

こんな感じで撮影したかったんですけどね^^;⬆ネットから引用
d0285540_757633.jpg

4時のシャトルバスに乗った方々が6時にはすでに城跡にいました
d0285540_8203648.jpg

城フェチの主人は今回 撮影側になりましたが
次回は城跡に登ってみたいそうです



今日は 夫婦共々 全身筋肉痛です
とほほほほほ〜
by h13_540 | 2013-11-04 17:59 | 歴史 | Comments(12)

世界遺産  速玉大社

蝶の撮影の後は
主人の趣味・・・世界遺産に立ち寄りました。
d0285540_16395968.jpg

速玉大社です
d0285540_16413279.jpg

本殿
d0285540_16415329.jpg

d0285540_16421321.jpg

伽藍(がらん)
d0285540_16423891.jpg

i Padで撮影されている方が ちょっと邪魔でした^^;
うちのダンナさんです
d0285540_16422899.jpg

屋根をよく見ると
d0285540_1643272.jpg

ハート型に切り抜きをしてあります。
この時代から使われていたのですね
d0285540_16481698.jpg

でも・・・
菊の紋章の隣にも・・・
この場所に使うの?  意外でした^^;
d0285540_16444955.jpg

鐘楼の底にも菊の紋章があるのには驚きました
d0285540_16454554.jpg

ここにもミカドアゲハがみれるそうですが
d0285540_16463512.jpg

遠方なのでなかなか見に行くことは出来ませんね^^;
d0285540_16484269.jpg

なかなか立派な神社でした

夫婦で楽しめた遠征でした^^
by h13_540 | 2013-10-24 04:46 | 歴史 | Comments(8)