言葉変換『もんじろう』用アイコン カテゴリ:関東の蝶( 12 )   

言葉変換『もんじろう』用アイコン 春の裏高尾・チョウ観察会参加♪   

2017年 05月 17日

14日(日)日本チョウ保全協会が主催する
第5回春の裏高尾・チョウの観察会に参加してきました^^♪

今回は主人がアオバセセリをどうしても見たい!
そんな思いから主人悲願の遠征です^^

私は以前 偶然に出会ったことはあるけれど
それ以降 出会ってないので主人の想いが嬉しかった^^


13日は雨天だったのでのんびり移動

14日の天気は曇り
少し肌寒い・・

この天気で蝶と出会うことができるのでしょうか?
少し不安がよぎります^^;
d0285540_05372294.jpg
14日朝 集合前に保全協会の方が見つけてくれました^^
前日の水滴がまだ残っています。
d0285540_05372330.jpg
こうやって静かに耐えているんですね

この時点で2種撮影できてテンションも上がってきました。


探してくださった保全協会の方の足元を見ると
膝下まですでにズボンがビッタンコ💦
熱い想いが伝わってきました。
(温かいぬくもりと表現した方が適切かもしれません)



9時半 グループに別れ
トランセクト調査 開始です♪



「アオバセセリがいるよ〜」前のグループの方が教えてくれました。

テンションMax💕
d0285540_12561440.jpg

主人初めてのアオバセセリに感動💕

d0285540_20173279.jpg
前日の雨の水玉がいい味出してくれました^^

もうこれで8割満足と主人
私も同感♪


こんな曇りの天気でもアオバセセリって登場してくれるんですね
d0285540_22484925.jpg
主人撮影

d0285540_12564119.jpg
2頭が飛び回りじっとしていません。
わぁ〜 撮影しにくい〜〜
飛翔を狙うにもあまりにも速い
手強いアオバセセリです^^;


d0285540_12571426.jpg

瞬間を大切にしないとな〜
連写のオンパレード^^;
d0285540_12573666.jpg
次のポイントでは
「4頭(オス3頭メス1頭)がいるよ〜〜」と
前を歩く方からお声がかかりました^^

合計6頭のアオバセセリと出会えました。




関東の皆様はミラーレス使用の方々が多かったな〜
d0285540_20532216.jpg
この場所では
ジャコウアゲハの食草はオオバウマノスズクサだそうです。




他に見ることが出来た蝶は
d0285540_05432419.jpg

コミスジ
d0285540_05432840.jpg
オナガアゲハ



帰路が長いので皆様より一足早く帰らせていただきました。
d0285540_05433563.jpg

帰り 集合場所付近でダイミョウセセリ発見♪
d0285540_05480481.jpg
ヤマトシジミもいました。


d0285540_05435185.jpg
クロアゲハとオナガアゲハが吸水を始めました

d0285540_05440141.jpg
夢中になるとペタってなっちゃうのかな?

d0285540_05440779.jpg

ピンは甘いですが面白い写真が撮れました
飛び上がっているのはオナガアゲハ♂
吸水しているのはクロアゲハ


d0285540_22532692.jpg
主人撮影




給水しているクロアゲハの写真を見直して見ると

d0285540_14092106.jpg

ポンピングの瞬間をゲット

しかしシャッタースピードが速かったために粒状に^^;
ポンピング撮影の時は
シャッタースピードを遅くした方がいいって
プロのカメラマンが言っていたことを今思い出しました
しまった〜💦
d0285540_14093249.jpg
曇り空でしたが気温(体温)は高かった証拠ですね^^;

画像を見直してよかったぁ〜
掘り出し物み〜〜っけ(笑)

d0285540_05441281.jpg
帰る途中の道路でも撮影
d0285540_05441485.jpg


事前調査をしていただいたり
保全協会の皆様には大変お世話になりました。
とっても勉強にもなりました。

参加された皆様  とても楽しかったです。

ありがとうございました。


こういう学びの場も大切ですね。
日程が合えばまたいろんな活動に参加したいと思います。


P.s
この後日差しも出てきたようで結果は
全部で23種類のチョウが観察でき
あと、テングチョウ幼虫、アカタテハ幼虫・蛹の報告もあったので
それを入れると、25種類のようです











by h13_540 | 2017-05-17 05:08 | 関東の蝶 | Comments(8)

言葉変換『もんじろう』用アイコン ツシマウラボシシジミ & 裏高尾山探索   

2016年 05月 05日

公私共々忙しく
なかなかブログを更新出来ませんでした。


楽しみにしていた連休も終わり
明日からまた気を引き締めた生活が始まります。





まずは4月29日の出来事からスタートです♪

*   *   *   *

2014年12月初めてチョウ保全協会のイベントに参加した私です。
その時 いろいろ学ばせて頂きましたが
海外のチョウとツシマウラボシシジミの
現状のお話はとっても刺激的でした。

対馬は過去に2回足を踏み入れていますが
ツシマウラボシシジミには出会うことができませんでした。

保全協会に入会し現状を知ったという流れから

昨年は
海外のチョウが見たい‼️
ツシマウラボシシジミが見たい‼️
となりました^^;

保全協会の会場では
ツシマウラボシシジミの飼育管理場所のポスターも貼られていました。

機会があれば是非行ってみて下さいと(^O^)

飼育管理されている場所に問い合わせてみると
見せていただけるとのこと。


そのまま直行

遠方の者にとっては有難いお言葉^_^
d0285540_06292549.jpg
ツシマウラボシシジミは
名実ともに『箱入り娘』でした。

d0285540_06293392.jpg
リュウキュウウラボシ同様 とってもちっちゃかったです。
d0285540_06294071.jpg
こんな姿を自然界でも見たいな〜と思いました。
右上には卵もありました。
d0285540_06294701.jpg
『箱入り娘』
d0285540_06295367.jpg
開翅
d0285540_06295824.jpg
もうボロも出ています
あっ!年末だから当たり前か^^;
d0285540_06300398.jpg
飼育されている方々に感謝です
d0285540_06301175.jpg
順調に育っているようです。
d0285540_06301643.jpg
幼虫
真ん中の穴の左にいます。
これが一番大きいそうです。



こんなに小さいのですから
自然界で見つけることは大変かと思いますが
見つけれた時の感動は凄いことでしょうね


飼育されている方々に感謝するとともに
自然界でも見ることができますように・・・

と切に願った私でした。


※写真をブログに載せることも許可していただきました。

しかし

保全協会に入りたて私は
ブログに載せてもいいのかどうかを悩みました。



*   *   *   *



以上が2014年12月に私が載せようか悩んだブログです。
ず〜〜っと載せずに保存していました。


昨年は保全協会からのDMが急すぎて行けず・・・

今年は DMのタイミングも良かったので
4月29日温室内にいるツシマウラボシシジミを撮影することができました。
d0285540_18024628.jpg
行った甲斐がありました^^
d0285540_18022500.jpg
主人撮影
d0285540_18032974.jpg
イシガケチョウとツシマウラボシシジミの大きさの対比です
d0285540_18043915.jpg
オオゴマダラとツシマウラボシの大きさの対比です

かなり小さいことがわかると思います
d0285540_18053578.jpg
とってもすばしっこくて
飛翔は無理でした


まぁ〜  そんな失敗を重ねながらも
夢中で撮影し
気がつくと3時間が経過していました。

こんなにスピードがある蝶とは
ケースの中では思いもよりませんでした
d0285540_18123033.jpg
なかなか吸蜜もせず
かろうじて吸蜜シーン

d0285540_18123898.jpg
主人撮影
d0285540_18212665.jpg
水槽の上にも止まっていました。


時計を見ると12:30  お腹も空いてきました。
3頭のツシマウラボシシジミでよくぞここまで粘りました(笑)






これで帰るのはもったいないので八王子に行ってみました。
ここも行ってみたい場所の一つでした

途中
♪中央フリーウェイ 右に見える競馬場
左はビール工場♪

主人曰く「こんなに高い防音壁あったかな」と
若かりし頃の記憶に首を傾げていました^^;



13:30から裏高尾山に入りました

みんなは帰りの時間です。
かなりの人たちとすれ違いました。
この時間で果たして蝶と出会えるのでしょうか?
不安になりました。


まず裏高尾山で出迎えてくれたのはツマキチョウ♀とオナガアゲハ
d0285540_18224436.jpg
折り返し地点では
サカハチチョウが何頭もいました
d0285540_18234052.jpg
帰り際 突然目の前に登場してくれたのは
スギタニルリシジミです



帰路を考え
1時間半の探索ではありましたが
充実したひとときでした。


日帰り関東の旅は楽しかったです。

園内でご一緒させていただいた皆様
ありがとうございました。




そして
飼育ボランティアの方々をはじめ
関係者の皆様に感謝申し上げます。






















by h13_540 | 2016-05-05 20:16 | 関東の蝶 | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン 家族旅行のご褒美はスジグロシロチョウ   

2016年 03月 27日

今年は家族との時間を取ることが目的なので
26日有休をもらい孫と一緒に房総半島に出かけました。

蝶の撮影は諦めていたのに主人が見つけてくれました^^
d0285540_20560843.jpg
この季節にスジグロシロチョウは初めてでした
d0285540_20561142.jpg
気温が低かったので
シデコブシに止まり日向ぼっこ
d0285540_20561449.jpg
少し温まってきたのでしょうか?
翅を広げ始めました。
d0285540_20561731.jpg
長男が自撮り棒を使い撮影していたら
びっくりして飛んでしまいました^^;
d0285540_20562037.jpg
菜の花に止まり吸蜜を始めました。





家族旅行のご褒美かな・・・






追記

おもしろ写真^^♪

d0285540_15183789.jpg



おまけ
今回の家族旅行の目的はこちら^^♪







by h13_540 | 2016-03-27 21:06 | 関東の蝶 | Comments(2)

言葉変換『もんじろう』用アイコン 悲願のフジミドリシジミ   

2015年 06月 02日

昨年からの熱い思い・・・
今年 是非 観てみたい憧れの蝶がフジミドリシジミでした💓


5月31日(日)の天気予報は良くありませんでした。
行こうかどうしようかずいぶん悩みました。

当日朝4時過ぎ 寝室からみえる空は予想がつきません。
5時 目がさめると
雲の合間から青空が見えます。
再度 天気予報の雲の動きを確認し
『5時45分出発‼️』という主人の掛け声に慌てて準備をしました^^;



9時にポイント到着
一人の方が撮影を開始しました。
隣町からいらした方のようで
昨年は証拠写真だけでしたので
今年 こんな場面から撮影開始とは・・・
っと とても喜んでらっしゃいました。

改めてこの蝶の撮影の難しさを実感し
ご一緒させていただきました。

d0285540_05530444.jpg
到着して10分以内で撮影開始はラッキーでした。
d0285540_05531280.jpg
郷ひろみのまゆ毛のような太い線に惹かれた私は
悲願達成・・・とっても嬉しかったです012.gif
d0285540_05531706.jpg
5〜6歩左に歩くと雄も発見‼️
しかし私の気配を感じて飛んでしまいました。

しまった〜 ><
d0285540_05532394.jpg
しかし止まった先は雌と同じ葉でした💓
d0285540_05532896.jpg
交尾に発展するかも・・・
ドキドキしましたが望み叶わず

d0285540_18525764.jpg
ロミオとジュリエットのような距離感

こんな場面が何度もありました^^;

40分くらい経過するとかわり映えのしない現状が飽きてきて
『もう帰らない?」と主人が言い始めました。
『もう少し・・・』粘りました^^;

もう一組ご夫妻もいらっしゃいました。
d0285540_05533498.jpg
主人が飛翔を撮影
d0285540_05533935.jpg
私のカメラより主人のカメラが良いため
(っということにしておきます 笑)
飛翔も主人の方がうまく撮れていました^^♪
d0285540_05534539.jpg
登山の方々には
『何がいるの?」となんども声をかけられました^^;
d0285540_05535079.jpg
雄の飛翔にも挑戦
父ちゃん やるじゃん!(笑)
d0285540_05535431.jpg
私も満足し 1時間で撮影終了


三男が夕方帰省するというので
家族との時間もとれるのでこれにて帰路へ・・・



蝶友さん・当日ご一緒させていただいた方々ありがとうございました。










by h13_540 | 2015-06-02 20:40 | 関東の蝶 | Comments(14)

言葉変換『もんじろう』用アイコン ミヤマシジミ   

2015年 05月 26日

 週末は関東遠征に行ってきました。
24日早起きした私たちは
宿泊先の近くの河原で赤いセセリを見つけました。

d0285540_06302231.jpg
キマダラセセリでした
d0285540_06303192.jpg
ちょっと早くない?と綺麗な個体に喜びました。
その後
生物園に出かけました。


帰り
いつも行くミヤマシジミのポイントの 
食草のコマツナギが全部刈り取られ、
発生し始めていた ミヤマシジミ の姿が見られなくなった 
という情報が入っていたので見に行ってみました。

車から降りるとすぐに1頭飛びました。
 
d0285540_21555481.jpg
綺麗な雄でした。
これは嬉しかったです

その後 雌も登場
d0285540_21563149.jpg
よく見ると
d0285540_21563677.jpg
産卵のポーズをとっていました。
d0285540_21572237.jpg
卵まで確認したわけではないのでポーズかもしれません

d0285540_21573294.jpg
雌も1頭だけでした。


おっしゃる通りあたり一面さっぱりとしちゃいました。
運良く生き延びた個体でしょうか?
少しだけコマツナギが伸びていましたが
そこに卵が付いているとは思えませんし
雄1頭 雌1頭では
絶滅したようなものですね。

運良く生き残っている個体も他にあるかもしれませんので
少し足を運ぶ必要もあるかと思います。
運良く生き延びているミヤマシジミの産卵を期待したいです。

















by h13_540 | 2015-05-26 19:35 | 関東の蝶 | Comments(12)

言葉変換『もんじろう』用アイコン 越冬する蝶たち   

2014年 12月 25日

今回 せっかく関東に行くのだから
ダンダラさんにお会いし蝶の撮影がしたい。

そして 主人の兼ねてから行きたがっていた
小江戸にも足をのばすことができました。

d0285540_21290873.jpg
東日本で本丸御殿が残っているのはここだけ!!!!
だから主人は見たかったようです^^;
(マニアックな世界かも・・・笑)
d0285540_21303391.jpg
36畳の大広間

d0285540_21360313.jpg
小江戸のシンボル 時の鐘

d0285540_21402990.jpg
主人が目をつけた鬼瓦
白壁の上の鬼瓦が一番立派でした。
家の守り神だそうです。

さすが歴史が好きなだけあるわ〜(笑)

さて ダンダラさんとの待ち合わせ場所に向かいGO^^♪

ダンダラさんのフィールドに案内していただきました。

d0285540_21444126.jpg
越冬のウラギンシジミ
d0285540_21445710.jpg
よくみると寒さを凌ごうとあちこちにいました。
越冬のウラギンシジミを見るのも初めてで
ましてやこんなにあちこにちいるなんて・・・
わが町もしっかり見直してみる必要があると思いました。
d0285540_21471620.jpg
越冬のムラサキシジミ

d0285540_21463681.jpg
越冬のムラサキツバメ
d0285540_21521015.jpg
別の角度から・・・

とってもいいフィールドです^^♪
d0285540_21531754.jpg
ダンダラさんのTG−3をお借りしヒメアカタテハの卵の撮影
これはイマイチ^^;
d0285540_21540007.jpg
撮影しながらこのカメラは凄い!!!
ピントの合った瞬間 そう思いました。

d0285540_21545721.jpg
トリミング


21日の講演『蝶の撮影の仕方』でも
TG−3は 卵の撮影に適しているというお話を聞き
すっごく納得^^/
d0285540_21582950.jpg
久しぶりに鳥の撮影も・・・
d0285540_22012219.jpg
d0285540_22021545.jpg
これだけ歩いているとしっかり汗をかきました。

ご自宅にもお邪魔させていただき
楽しいひとときを過ごさせていただきました。

ありがとうございました。

d0285540_22090436.jpg

帰路 夕方になりましたが
富士川SAでは富士山も見ることができました。

とっても楽しい収穫の多い週末になりました。



追記
d0285540_06182759.jpg

翅の先がとがっていないので、非越冬個体?

非越冬個体の存在も教えてもらった遠征でした。








by h13_540 | 2014-12-25 06:01 | 関東の蝶 | Comments(6)

言葉変換『もんじろう』用アイコン メリークリスマス   

2014年 12月 24日

016.gifメリークリスマス016.gif
d0285540_21232785.jpg
12月20日 東京・足立区にて撮影

d0285540_21244311.jpg
オオゴマダラのクリスマスツリーです^^/


皆様にも 素敵なクリスマスが訪れますように^^♪













by h13_540 | 2014-12-24 00:26 | 関東の蝶 | Comments(0)

言葉変換『もんじろう』用アイコン 浜離宮の蝶   

2013年 10月 16日

主人の行きたがっていた浜離宮です。
仕事で東京に何度も行くのですが
気にはなっていても仕事なのでなかなか行く時間がとれないそうです。
d0285540_2218402.jpg

都会の真ん中にこんな優雅な庭園があるとは思ってもみませんでした。
d0285540_22215163.jpg

潮入の池と二つの鴨場をもつ江戸時代の代表的な大名庭園だそうです。
潮入の池とは、
海水を導き潮の満ち干によって池の趣を変えるもので、
海辺の庭園で通常用いられていた様式のようです。
昔は海の近くだったようですね。
今も海水を使用しているので公園に近づくと海の香りがします
d0285540_22221635.jpg

<ネットから抜粋>
この地は、寛永年間(1624~1644年)までは、将軍家の鷹狩場で、
一面の芦原でした。
ここに初めて屋敷を建てたのは、四代将軍家綱の弟で甲府宰相 の松平綱重。
綱重の子供の綱豊(家宣) が六代将軍になったのを契機に、
この屋敷は将軍家の別邸となり、名称も浜御殿と改められました。
以来、歴代将軍によって幾度かの造園、改修工事が行なわれ、
十一代将軍家斉のときにほぼ現在の姿の庭園が完成しました。
d0285540_22224164.jpg

どこを見ても 背景には 高層ビルが建ち並んでいます。
さすが東京ですね
d0285540_5551381.jpg

名物 300年の松
                  以上 主人が iPadにて撮影
今回夫婦で楽しめたのは
主人は歴史探索
私は庭園の蝶の撮影が出来たからです。
d0285540_2224124.jpg

キバナとアオスジアゲハ
d0285540_22243917.jpg

秋桜とアオスジアゲハ
d0285540_2225148.jpg

秋桜にもいろんなのがあるんですね
d0285540_2225337.jpg


※おまけ
千葉の温泉宿で早朝散歩をしました
d0285540_22272990.jpg

朝露にぬれるスギナ
雑草でも輝きがあり綺麗と思いました。
d0285540_22275524.jpg

少し黄色に変化し始めたもみじ
d0285540_22283111.jpg

今が旬 キンモクセイの香りは大好きです
d0285540_22291053.jpg

あちこちで咲いているセイダカアワダチソウ

by h13_540 | 2013-10-16 04:48 | 関東の蝶 | Comments(8)

言葉変換『もんじろう』用アイコン ルーミスシジミ   

2013年 10月 14日

連休は千葉県まで遠征に行ってきました。

私はルーミスは冬に撮影する蝶と思っていました。
冬だけ撮影出来る貴重な蝶だと思い込んでいました。

先日 蝶友さんが徳島で撮影され
えっ!?この季節にいるの?
単純な疑問がわきました^^;
そして調べてみました。

冬に撮影された蝶友さんに先日お会いしたときにお伺いすると
「夏からルーミスはいますよ。
冬の暖かい日に撮影するのは開翅が撮影出来るからなんですよ」
と教えて頂きました

あれまぁ〜 蝶の魅力に惹かれて2年目の私は
ルーミスに対して随分勘違いをしていました。

開翅が見れなくても 行ってみようと思いました。
昨年 教えて頂いたポイントは
10時から13時までしか日が差し込まない場所という
時間限定つきの場所でした。
10時に到着しすぐ出迎えてくれたのは
d0285540_18431952.jpg

お〜 いきなりルーミスの開翅か????
d0285540_18473629.jpg

ムラサキシジミでした

驚いた〜^^;
あちこちでムラサキシジミの開翅を見ることが出来ました
しかし 肝心なルーミスには会えません。
昼頃になるとムラサキシジミはいなくなり変わりに飛ぶのは
d0285540_18492958.jpg

ウラギンシジミばかりでした

早朝出発だったので眠くなって来ました
疲れも出始めました。
すでに13時は過ぎています。
日差しも当たらなくなり日陰になってきました。

あきらめの気持ちも湧いてきました。
千葉の温泉で宿泊なので明日出直そうかという気持ちになってきましたが
なえる気持ちに鞭を打ち もう一度探してみようと歩き出しました

いません><
食草はすでに日陰になり・・・また休憩

14時 これで駄目なら明日出直しだ・・・
と思い日陰になった食草を見に行きました
d0285540_18573679.jpg

どうしようもない私に天使が舞い降りてきました
白いシジミがいました。
ファインダーを覗くと
d0285540_18584990.jpg

間違いない!!!!ルーミスでした

数枚 撮影したあと脚立を持ちに車まで戻りました。
すると反対方向から 主人が戻ってきました
「いたよ!!!いた いた」
一緒に駆け足で食草まで走りました。
d0285540_1923763.jpg

「あなたたちなにしてんのよ〜?」と思っているのでしょうか?
d0285540_1933460.jpg

じっとして動かないので 枝をゆすったり 
開翅を撮影したいのでわざと飛ばそうと試みましたが
いつも日陰に停まります
d0285540_1951872.jpg

気温25度
d0285540_2027547.jpg

トリミング
d0285540_1955293.jpg

日陰ばかりにいるルーミスでしたが
初めて間近で撮影が出来て嬉しかったです。

初回は10M以上離れていて
2回目は4M離れていました。
3回目は出会えず
今回はっきり この眼で間近で見ることが出来ました

連れて行ってくれた主人に感謝です♡


このポイントは他言しない様にということでしたが
その方は全国版の撮影ポイントの本を出版され
URLが載っていますので
解禁と判断します。

by h13_540 | 2013-10-14 19:11 | 関東の蝶 | Comments(20)

言葉変換『もんじろう』用アイコン 関東の蝶   

2013年 09月 11日

今回関東に遠征し
最初のポイントでは
d0285540_6171476.jpg

ナガサキアゲハに出会えました
d0285540_6174097.jpg


2番目のポイントでは
d0285540_618856.jpg

痛んだ翅でしたが開翅をしてくれたムラサキシジミに出会えました
d0285540_6185589.jpg

青色がとても鮮やかでした。

両方で見ることが出来たのは
d0285540_6203019.jpg

ルリタテハでした

久しぶりの関東は気分が変わってよかったです。
新婚時代は関東に住んでいたので
思い出話も出てきてより新鮮だったかも・・・

by h13_540 | 2013-09-11 05:39 | 関東の蝶 | Comments(2)