言葉変換『もんじろう』用アイコン 名和昆虫博物館のギフチョウ 2017   

2017年 03月 05日

2月28日の新聞に前日名和昆虫博物館のギフチョウが羽化したと載っていました。

電話をして問い合わせてみると
見せてくださり撮影もOKとのことで本日行ってきました^^


今回飼育したギフチョウをわざわざ見に行ったのは目的があったからです。

今まで疑問に思っていたことを知りたくて・・・
d0285540_19225361.jpg

周りの方々に迷惑になってはいけないと思い
早めに到着
開園少し前ですが入れていただけました。


d0285540_19233078.jpg

館内の方からいろんなお話をお伺いすることができ
とても勉強になりました。

毎年 啓蟄までに羽化させて公開する目的は
花見の時期にギフチョウがいても知らない人がまだまだいるので
お花見前に知っていただき
お花とギフチョウ 両方楽しんで頂きたいという思いからだそうです



今回 私が知りたかったことも教えていただきました。
d0285540_19235076.jpg
飼育したギフチョウと自然界のギフチョウとの区別はどこですか?
の質問に丁寧に教えていただくことができました。

特にメスに現れる傾向があるそうですが
(上の写真だけメス)
黄色いところが少し焦げたような(?)黄色に出る傾向があるそうです。

ほんとだ〜 黄色の色が違う〜
d0285540_19241495.jpg
そして前翅のUのところがOに見える傾向があるそうです。
d0285540_19243361.jpg
なるほど〜〜〜

疑問に思っていたことがわかったのでスッキリ♪


世界の蝶も展示してあるので
アカエリトリバネアゲハのお話をしたら
オスとメスの値段の違いや(ワシントン条約前の話)
世界の蝶についてやワシントン条約のお話や世界の自然保護のお話etc・・・


そして 「今年のギフチョウは早いですか?」と
よく質問されるそうですが
占うことなんてできないしわからない

ただ3月中旬の気候に左右されるということでした。



とっても勉強になるお話をいっぱいしていただけました。

行ってよかった〜

感謝  感謝^^




別名「春の女神」と呼ばれるギフチョウは
やっぱり綺麗です。

私が蝶に惹かれた原点の蝶♪
素敵な蝶ですし地域によって特徴もあるので奥が深い蝶です^^









by h13_540 | 2017-03-05 19:48 | 岐阜 | Comments(8)

Commented by 22wn3288 at 2017-03-06 08:31
新聞にギフチョウ羽化の写真が出ていましたね。
飼育のギフチョウは毎年早いですね。
名和昆虫館は大昔に行ったことがあります。
いろいろお話が聞けて良かったですね。
Commented by s-sibata212 at 2017-03-06 13:07
さっちゃん♪ さん 今日は~
 ギフチョウ♪ 蝶の原点 とされるだけ行動が速いいですね
!!
色々勉強されて 当の蝶の季節入り 2週間すれば見れますね。次回 お会いしたとき教えてください。
昨日など新生モンキチョウ など見れる筈が運の付き悪く
残念でした。
Commented by さっちゃん♪ at 2017-03-06 14:15 x
22wn3288さん こんにちは
コメントありがとうございます。
毎年恒例のように新聞に載る理由もわかりました。
2月1日と10日に飼育箱に入れた蛹が羽化したそうです。
いろんなお話を伺うことができて勉強になりました。
自然界のギフ蝶 待ち通しいですね
K山のギフ蝶が一番早いかと思っていたら岐阜にも早いところがあるようです^^;
Commented by さっちゃん♪ at 2017-03-06 14:19 x
s-sibata212さん こんにちは
コメントありがとうございます。
個体数が多くならないとなかなかモンキチョウも見ることができないですよね
私も地元の蝶を探し何度足を運んでも
あれっきりなかなか見ることができません。
昨日は暖かかったので出先で蝶を見ることができました。
次回載せますね
今年は R池のウラゴマダラシジミの地域異変の個体に出会ってみたいという思いがあります。
お会いするかもしれませんね。よろしくおねがいいたします。
Commented by field24k at 2017-03-07 08:26 x
さっちゃん♪ さん
初めまして。 field24kと申します。

ギフチョウの写真を見て、「え! もう?! 」と早とちりしてしまいました。

わが市に隣接する京都市の西の山に保護育成されている場所があり、毎年4月に撮影に行きます。
自転車とちょっとした登山で行けるので便利なのですが、本当の意味での「野生」のギフチョウを撮影したく、今年は、福井県でも行こうかなと思ってます。

私は、撮影種がまだ100にも満たない初心者で、さっちゃん♪ さんのいろいろなチョウの写真 楽しみにすると同時に勉強させてください。
Commented by ダンダラ at 2017-03-07 10:50 x
ギフ蝶の飼育個体の特徴で、メガネ型はよく耳にしますけど、地色の変化は気にしたことがありませんでした。

野外の個体でも同様な例はよく目にするので、これらの特徴があっても必ず飼育個体というわけでもないようです。


それと発生時期についてですが、積算温度で予想できるようです。

kenkenさんのブログ "My Favorite Butterflies of JAPAN" を参考にしてみてください。
古いサイトへ飛びますが、新しいサイトにリンクしてます。(ここに直接アドレスが書けないので申し訳ありません)

ことしは早い場所では3月17日だそうです。
楽しみですね。

3月5日に出たとの情報もあるようです(kenkenさんのとこのコメントに記入がありました)。
びっくり!!
Commented by さっちゃん♪ at 2017-03-07 12:22 x
fileld24kさん 初めまして
コメントありがとうございます。

ブログ拝見しました。
とっても綺麗に撮影され昆虫などもとっても詳しいのですね
こちらの方が勉強させていただけそうです
私は蝶を見た数は多いかもしれませんが
中身に乏しく周りの方々に教えてもらっています^^;
そして興味の湧いたことから勉強していますので順序がめちゃくちゃです(笑)
こんな凸凹している私ですがこれからもよろしくお願いいたします。

それと 奇遇ですね〜
実は私も今年福井県に行ってみたいな〜 と思っております^^
Commented by さっちゃん♪ at 2017-03-07 12:39 x
ダンダラさん こんにちは
コメントありがとうございます
以前 撮影していた時に「あれ?飼育のギフ蝶だ」という声を耳にしたことがあったのでどう違うのか興味がありました。
今回教えていただいてからいろんな方々のブログを拝見していたら飼育個体と思うような個体が意外にも多く見られびっくりしました。自分の撮影したギフチョウにも該当するような個体がありました。
観察会を開いている保護地域でもその日に合わせて飼育を解放している話も聞いたことがあり もしかすると各地であちこち行われているのかも・・・と何も根拠がないですがそんなことも考えてしました。
ただ言えることは ギフチョウの個体数が減っている現実の表れかもしれないと・・・

ご紹介していただいた方のブログ 拝見しました。
もう出たとはびっくりです。
そして以前 そこの監視員さんからここのギフ蝶は下から上がってくるというお話をお伺いしたことがあります。
どういうことなんだろう?この疑問はまだ抱えたままですが
今月末に ギフチョウってどこまで飛ぶの?という講演会があるので行ってみたいと思っております。
今年は行ったことがない場所のギフチョウに出会って見たいと思っています。うまく天気が合えばいいのですが・・・

<< 3月5日は啓蟄 いつもの河原にてモンキチョウ初見 >>